みんなのコレクションが集まるミュージアム

要望に応えて 45年前の自転車

公開日:2018/11/30

やっと一息

頼まれた仕事をこなす為、PCと睨めっこ


昨日、日本蕎麦の帰路

寄って撮って来ました。


先ずはヒップからVサインを模してるのが時代ですね。それにエンドを上を向けてるマッドフラップ




次は、前のマッドフラップ

オフロードのバイクにも似てますよ


トラムブレーキの為、合わせホイル、当時の軽自動車の様に冷却ファン風な形状

それと、ホンダのカブの様な直スプリングのサスペンション



リアサスペンション


サイドから見た



前からもパシャ


シートも当時車でも流行った鋲打ち



この自転車を動かしたりしていたら、お気に入りのカーハートのサロペットにチェーンの油が〜(泣)


このオーナー、HWや服、ブーツ、車のパーツ、アメ車も'62から'80s まで9台所有。その中にはアメリカの作業車まで。

許可を貰ったので、購入しなくてもヤフを覗いて観て下さい

galegang66

とんでもないコレクターです。

実車も、所有する車の嗜好が変わって来ているのか、最近購入予定の車種がインジェクターの車に、


#自転車

#アメ車

#HW

#町田

  • 283 1 1
    2018/11/30

    konalino

    う~ん 見れば見る程すごい自転車。70年代にサス付きの自転車があったことすら知りませんでしたから。
    ホイールも良いし、サドルもカッコ良い。何より今でも乗れているっていうのがすごいですね。

    詳細ありがとうございました。 あ、カーハートは少し汚れているほうがカッコいいですよ(慰め)

    返信する
    • File
      2018/11/30

      charlie0215

      コメント有難うございます。
      最近、スクターの移動が楽で、その際に、カーハートやウォールズのツナギや、サロペット、ジャケットが重宝してます。寒い時にツナギの上にジャケットを着ると暑い位です。ダック地は、着込んでないとゴアゴアでまともに着れないですから。

      そう自転車は、驚きますよ。
      正にオフバイクさながらですよ。近くならば、オーナーがいる時に見せてくれると思いますよ。感動です。

      返信する
    • File
      2018/11/30

      charlie0215

      konalinoさん
      このオーナーがヤフオクに出品してますので見て下さい。30代とは思えない位のアメリカ物の所有者です。自分のサイズで購入し、出品しているので、商品を見て、メーカーとか言えるくらいです。数と種類、'70s前後に対しての拘りが、店で使う文具も日本のメーカーは無いですよ。

      返信する
    • 283 1 1
      2018/11/30

      konalino

      ウチん所では、その恰好じゃ凍えますよ(笑)
      今日も雪降ってましたから。

      残念ながら今後も町田までは行けそうに無いので、
      そのうち折り畳み自転車を改造してそれっぽいもの作ろうかとか頭を過っています(笑)

      返信する
    • 283 1 1
      2018/11/30

      konalino

      30代ですか?? 生まれる前の自転車じゃないですか。車じゃ珍しくはないですけどね。

      返信する
    • File
      2018/11/30

      charlie0215

      自分も、昔は韓国のダホーンにオーダーして折り畳みを作って貰いました。
      なかなか自分の思うような物は出来ないですね。自分で溶接出来れば自分の手で製作したいですね。

      返信する
    • File
      2018/11/30

      charlie0215

      自分はオンタイムなのですが、彼は全く生まれてないのに知識はかなり持ってて驚きます。

      もう雪ですか、
      それでは、キルティングのカーハートでも寒いですね。ツナギもオーバーオールも、ジャケットも内側がキルティングなので、バイクウェア並みに暖かいです。恐るべしアメリカンワークウェアです。

      返信する
    • 283 1 1
      2018/12/1

      konalino

      オーバーオールも内側キルティングですか?
      それはかなり温か、いや暑そう。
      郵便配達員のようにチェーンを履いて雪道走り回れるかもしれません(笑)

      返信する
    • File
      2018/12/2

      charlie0215

      オーバーオールも、ツナギもベージュに赤のキルティングです。かなり暖かいですよ。

      其方はそんな降雪ですか、
      自分はジャイロに、ストリームが有りますから、都内の少々の雪はこれで走ってしまいます。登りはけつを振りながら上りますが、下りは流石に怖いです。

      降雪時は気をつけて下さい。
      有難うございます。

      返信する
  • File
    2018/12/4 - 編集済み

    0214seiji

    遅レスですいません。子供のころ、ヤマハのモトバイクって自転車に乗ってました。前後フルサスで、自転車のくせにやけに重いヤツでした。たぶん1979か1980年頃だと思います。

    返信する
    • File
      2018/12/4

      charlie0215

      0214seijiさん
      コメント有難うございます。
      自分はBSのを近所の兄いさんが乗っていたのですが、最初BSかと思ったらセキネだったのです。どうも'72のようです。
      かなりお詳しいですね。
      見れば見る程、興味の沸く、不思議なバイクでした。状態も良く普通に乗れてました。
      御指摘の通り、此れも鉄の塊で重かったです。
      タイヤがもう無いかもしれませんね。

      返信する
  • File
    2018/12/4

    0214seiji

    探したらありました。
    これです。当然ヘルメットなんかかぶってません。

    File
    返信する
    • File
      2018/12/4

      charlie0215

      貴重な物を有難うございます。
      カッコ良いですね。
      当時のカタログですかね〜。
      正にオフロードバイクですね。
      今より昔の方が良かったと再認識、
      仕事柄、開発コスト、生産コスト、流通コスト、マーケティングによる販売予測との生産量とか考えてしまい、独創性が乏しくなりがち。
      当時は考えてなく、一か八かの勝負 だったのでしょうね。

      返信する
  • File
    2018/12/5

    0214seiji

    なぜか、みんなと同じような自転車に乗るのが嫌だったヒネクレ者です。笑
    今の時代は各コストやマーケティングを乗り越えて、更に他より秀でたモノじゃなくちゃいけないから、難しいですね。

    返信する
    • File
      2018/12/5

      charlie0215

      そうですよね。
      自転車を偶に観に行きますが、同じ様な自転車が並び、コストの差から販売価格が決まるような気がします。
      今は唯一、購入して乗ってみたいのが、キャノンデールのホーリガンですかね。友人が以前所有してましたが、プレームが重たいと手離しましたが、フロント片持ちで、ディスクですから。
      このセキネも、大衆自転車でホームセンター向けに徹してましたが、韓国、後に中国ですが、価格競争になり負けましたからね、
      駅の自転車置き場を観ても、自分の自転車探すの大変だと思います。

      返信する
File

charlie0215

もうオヤジに突入!。でも道楽は止められない。 機械物が好き。大きい物から、クルマ、バイク、機械式時計(手巻き、自動巻)、大のオメガ好き。それに纏わる物、1/1からスケールダウン ミニカー、チョロQ、プラモetc, クルマ(2シータから古い軽トラまで)、バイク(大型から三輪まで)も複数台。 大型バイクはHDではなくCB系ばかり また部屋は楽器に溢れ、はみ出している。 サラリーマンなので、靴、鞄には拘りが、

フォローする

106人がフォローしています

Museum screenshot user 4110 3bc2fac1 139e 4879 8805 c2f61b1d6454
  • 入館者数

    6851人

  • コレクション・ルーム数

    0個

  • アイテム数

    0個

  • モノ日記

    36個

ミュージアムを訪れる

charlie0215さんの最新モノ日記

最近のコメント