みんなのコレクションが集まるミュージアム

Very smart and handsome no collar and no lapel jacket!

公開日:2022/6/1

今回は先月お得意様のご自宅へお送りしたスマートでハンサムなジャケットをご紹介します!


「ナチュラルストレッチの先駆者的存在であるイタリアンミルTrabaldo Tognaのトロピカル(平織)素材」でお作りしたノーカラー/ノーラペルのジャケットです。


カラー/ラペルつきのジャケットより涼しげで「抜け感」あふれるルックスを持つノーカラー/ノーラペルジャケットは、これからやってくる陽光眩しい季節のスマートカジュアルスタイル、リラックしたドレススタイルにぴったりなアイテムです!


そして、そのクリエイティヴィティの高さから我々ファッション屋の多くが愛してやまない某メゾンも数年前まで定番として展開していた、モード視点から見てもとても優秀なアイテムです。


僕も昨年作りましたけれどワードローブに1着あるいは2着あるとすご〜く便利ですよ😊


オススメです!!


という訳で、早速ご紹介しましょう。

 


↓こちら↓ です。

素敵ですよね〜!!


ちなみにTrabaldo Tognaの素材は全マークが極めて優秀なナチュラルストレッチ機能を備えているので、もちろんこちらの素材も快適至極、とってもよく伸びます!


こちらのジャケットはそんな素材の「能力」が極限まで高まる仕立てでお作りしました。


具体的には「毛芯と肩パッドレス」「裏地を使わない大身返し仕様」「背裏レス」といった仕立て、表素材が誇る高いストレッチ性の邪魔を一切しないアンコンストラクテッドテイラリングです!


*シャツの上に着た時等の快適性に配慮してスリーヴライニングはおつけしています。


デザインはご覧の通りにミニマムにまとめました。


具体的には「ノーカラー/ノーラペル「シングルブレステッド1ボタン」「ハッキング/スランテッドポケット」「センターベント」といったデザインです。


ミニマムデザイン&ハイパフォーマン素材。


絶妙の相性ではないでしょうか!?


「フロントボタンと同じ19㍉サイズのリアルホーン(本水牛)ボタンを1つだけつけたスランテッドリアルボタンホール(本開き切羽)のスリーヴボタン」「上前(左手側の前身頃)腰ポケット下中央のフラップで隠れる位置に筆記体でお入れしたお名前刺繍」といったオーダーメイドならではの遊び心あふれるエキサイティングなディテイルも見逃せません!


では、そのディテイルを「寄り画像」で見ていきましょう!



アンコンストラクテッドテイラリング


この仕立てにより素材が持つ高いストレッチ能力が極限まで発揮されるはずです!!


パイピング等、丁寧な仕事もナイスですよね😉



刺繍です。


初対面の方と会った際には、思わず「名刺がわりにポケットのフラップをペロリとめくる所作」をしたくなりますね😎



スリーヴボタンです。 

ミニマムながら独特の存在感を放つ袖先ではないでしょうか!?


僕も久しぶりにこれをやりたくなりました😉



以上です。 


K様、いつも本当にありがとうございます。


今後とも当店を何卒よろしくお願い申し上げます。




◆本日の一枚◆

今日もMIKE CAMPBELL & THE DIRTY KNOBSのExternal Combustionを!


実は本作。。。


数ヶ月前にリリースされたのですが購入したのは数日前です。。。


最近、新作音源をキャッチするアンテナが著しく低くなっているんですよね〜〜。。。


音楽誌は買わないし読まない、レコード店にも行かない、ライヴにも行かない、音楽好きの友人たちと飲んだくれもしないエトセトラ。。。


あと、SNSでこちらから色々リサーチすることもないんですよね。


ちなみに、本作を知ったのはYouTubeでした。


BONNIE RAITTのYouTubeチャンネルをお気に入り登録しているのですが、数日前に「BONNIE姐さんが新しいミュージックヴィデオをアップロードしたぞ!」という通知が届いたんですよね。


それでチェックしてみたら右側の関連動画?おすすめ動画?に本作収録のWicked Mindが出てきたのです。


で、聴いてみたらすごくよかったので、そしてTOM PETTY AND THE HEARTBREAKERSは大好きなバンドだったので即購入したという訳です。


自称「ディープなミュージックラヴァー」なんですからもうちょっとアンテナを高くしておかないとダメですね!


ブルース関係にもまったくアンテナを貼っていないですもんね〜。。。


あ、でも、BONNIE RAITTの新譜はYouTubeで公開されていた曲をあらかた聴いたところ(多分全曲が公開されていると思います)もしかしたら少し微妙かもしれないと思ったけれど、何曲かニヤついてしまう程にかっこいい曲があったので購入しました!


天下のamazonさんなのに「一時的に品切」となっておりましたが。。。


いつ届くかな〜、楽しみだな〜!


それはともかく本作です!!


前回も書いた通り痛快なR&Rアルバムに仕上がっております!!!


オススメです。



#2022

#jacket

Default
File

LOUD GARDEN

主宰する岡田亮二は、英国の名門ブランド/ビスポークテーラーGIEVES & HAWKES/ギーヴス&ホークスの日本展開におけるチーフデザイナー/マーチャンダイザーを10年近く務めた後、国内アパレル会社と共同で自身がディレクションを行うブランド/テーラーA WORKROOM/ア・ワークルームを立ち上げ、自身の名前を冠したコレクションをフィレンツェで年2回開催されている世界最大級のメンズウェア見本市Pitti Immagine Uomo/ピッティ・イマジネ・ウォモに4シーズン出展、イタリア最大部数を誇る日刊紙Corriere della Sera/コリエーレ・デラ・セラが「注目のデザイナー」として紙面でフューチャーするなど活躍、2012年に自身が理想とする場所を作るべく完全インディペンデントとなりLOUD GARDENをオープンさせた。 自由な発想、ロックテイスト、そして、大人の色気に彩られたエモーショナルな作品群と「エキサイティングカルチャーの交差点」とでも呼びたくなるような尖った店舗は、数多くのミュージシャンや俳優、フォトグラファー、ライター、料理人といった「表現者」たちの琴線を刺激、まるでジャムセッションのような岡田との注文のやり取りに魅了された錚々たる人物たちが顧客名簿に名前を連ねている。

フォローする

14人がフォローしています

Museum screenshot user 8267 af89dcdd af90 4dfd aa76 b6a060cb3337
  • 入館者数

    95963人

  • コレクション・ルーム数

    4個

  • アイテム数

    507個

  • モノ日記

    28個

ミュージアムを訪れる

LOUD GARDENさんの最新モノ日記

最近のコメント

まだ、コメントはありません