みんなのコレクションが集まるミュージアム

Introducing new bunch book collection for 2022 Spring/Summer. vol.18: The Album vol.15

公開日:2022/6/1

今日は新作バンチブックをご紹介します!


よくよく思い出してみると少し前に入荷していたようなのですが、陳列場所を誤ってしまい数日前までその存在をすっかり失念していた1冊です(仕入先様、すみません汗)。


具体的には、Harrisonsグループのオススメ素材を見開きのブックレットに収録したThe Albumシリーズのvol. 15です!


このThe Albumシリーズは見本の大きさこそ小さいのですが、見開き故にパッと全コレクションを俯瞰出来るので意外な発見があるんですよね!


その見やすさのおかげか、The Albumシリーズをご覧になってのご注文は少なくありません!


今回入荷したThe Album vol.15でフューチャーされているのは、HarrisonsのニュークオリティBurra Bayと銘コレクションMersolairです。


いずれもこれからの季節にぴったりなカジュアルテイスト強めのコレクション、そしていずれからも魅力あふれる素材ばかりがセレクトされております。


ご来店の際にはぜひともパッと見開いて下さいませ😊


新たな発見に出会える可能性大です!


もちろん引き続きお電話/e-mail/SNS等でのご注文/お問い合わせも大歓迎で承っております。


例えば、「Mersolairのチェックをもう少し大きな見本で見れる?」といったご要望等がありましたらどうぞお気軽にお申し付け下さいませ。


すぐに画像を手配する等いたします!!


という訳で、早速ご紹介しましょう。



The Album vol.15は ↓こちら↓ です。

たたむとA4大になる見開き4 ページのブックレットです。


The Albumシリーズは表紙下部に並んでいるHarrisonsグループのオススメ素材がフューチャーされたブックレットですので、時にW.Billの素材がセレクトされたり、時にPorter & Hardingの素材がセレクトされたりします。


今回入荷したvol. 15にセレクトされているのは全48マークがHarrisonsです😊


次回はどこのどんな素材がフューチャーされるのか今から楽しみですね!


では、中身を見ていきましょう!!



まずは、Burra Bayです。


Burra Bayは、60% Fine Merino Wool + 40% Natural Shetland Woolというユニークな品質(実際の品質表示は100% Woolとなります)で織り上げられたモダンクラシックなJacketing(ジャケット素材)です。


Burra Bayとはシェットランド諸島に存在する風光明媚な入り江だそうです。


その沿岸に生息するShetland Sheepから採取されるサスティナブルなUndyed Woolを使うことで独特の個性的なキャラクターが生まれたことからこの名前がつけられたとか。。。


とてもロマンのある素材ですよね!


made in Scotlandというのもなんだかそそられるものがありますよね!


そんな特徴的な品質と大地や植物を連想させるアースカラーを組み合わせたデザインの数々が極めて秀逸な、そして極めて洗練された素材だと思います!


260/280gmというHarrisonsグループのJacketingとしては比較的軽快なウエイトも嬉しい限りではないでしょうか。


ワンランク上の優雅なスマートカジュアルスタイルを完成させるクール&ダンディなジャケットが仕上がること間違いなしのニューコレクションの登場です!



Burra Bayの「僕のイチオシ(というかニオシ)」は ↓こちら↓ です。

ベイジュとグリーンのカラーリングが最高に素敵なギンガムチェック(上)とベイジュのプレーン(下)です。


ジャケット推奨ですけれど。。。


僕は上でクラシカルデザインのジャケットを作って、下でグルカパンツ仕様のボトムスを作りたいです!!


間違いなくかっこいいセットアップが出来ると思います😎


これは絶対に作りたい!!


とは思っていますが。。。


現在仕込んでいるのもHarrisonsだし、次に仕込もうと思っている素材はあるし、木曜日にカジュアルウェアで散財したし。。。


そして、他にも作りたい素材が山ほどあるし。。。


このセットアップを作るかはひとまず保留、1週間後にもう一度見てみようと思います!


 

次は、Mersolairです。


ご存知の方も少なくないとは思いますが、Mersolairは陽光が眩しくなるこれからの季節にぴったりなLinenやCottonといったNatural Fabrics中心のバンチブックです!


清涼感と気品を併せ持った素材の数々はジャケットはもちろんサマースーツとしても愉しめる逸品です。


上:100% Linenコレクションです。全マークトロピカル(平織)ながら左上のタータン2マークだけ270gm (それ以外のプレーンは350gm)とEnglish Linenにしてはかなりのライトウエイトに仕上がっています。軽快な仕様のジャケットを作るのが正攻法ですよね!プレーンはどれもカラーリングがナイスではないでしょうか!?


下:Cotton系コレクションです。具体的にはプレーン11マークが100% Cotton(310/330gm)で右下のストライプだけ70% Wool + 30% Cotton(450g)になります。プレーンは右下2マーク(ホワイトとベイジュ)のみサテン組織で他はツイル(綾織)組織です。右上のブルーなんて最高にきれいですよね😉



Mersolair 100% Linenの「僕のイチオシ」は ↓こちら↓ です。

この美しいピンクよ!

僕はこちらでダブルブレステッドのブレザーが作りたいです!!


そのブレザーに合わせるボトムスはちらっと下に見えているカラー違いのホワイトがいいかな??

絶対にポップながらも品のあるセットアップに仕上がるはずです!!


最近新調したローファーにも合いそうだぞ😎

 


Mersolair Cotton系の「僕のイチオシ」は ↓こちら↓ です。

ヴィンテージ風の佇まいがスーパークールなボーティングストライプ!

これはモッズ風のデザインで作りたいですね〜〜!!



以上です。



二度と見失わないように(笑)、めちゃくちゃ分かりやすい場所に陳列しました!


つきましては、来店の際にはぜひとも手に取ってじっくり見てやって下されば幸甚です😌


 

◆本日の一枚◆


前回で終わりにしようと思っていたのですが。。。


もう1日だけ、学生時代の音楽アルバイト仲間I君が立ち寄ってプレゼントしてくれた木暮 “shake” 武彦の「サイン入りBirthday Song(2020年作品)」を!


4月をRED WARRIORS時代の名曲12曲をセルフカヴァーしたこの素晴らし過ぎるアルバムで締めるのもいいかな?と思いました。


次回からはどうしようかな、まもなく新譜が届くLYLE LOVETTの過去作品を復習しようかな?


いや、その雨にTHE WATERBOYSの新譜が届くのか!!


そっちを先に復習しようかした??


それはともかくとして、高校生時代に慣れ親しんだ名曲たちが新たな息吹を吹き込まれて瑞々しく躍動している名盤です!



#2022

#生地

#shirt

#入手

Default
File

LOUD GARDEN

主宰する岡田亮二は、英国の名門ブランド/ビスポークテーラーGIEVES & HAWKES/ギーヴス&ホークスの日本展開におけるチーフデザイナー/マーチャンダイザーを10年近く務めた後、国内アパレル会社と共同で自身がディレクションを行うブランド/テーラーA WORKROOM/ア・ワークルームを立ち上げ、自身の名前を冠したコレクションをフィレンツェで年2回開催されている世界最大級のメンズウェア見本市Pitti Immagine Uomo/ピッティ・イマジネ・ウォモに4シーズン出展、イタリア最大部数を誇る日刊紙Corriere della Sera/コリエーレ・デラ・セラが「注目のデザイナー」として紙面でフューチャーするなど活躍、2012年に自身が理想とする場所を作るべく完全インディペンデントとなりLOUD GARDENをオープンさせた。 自由な発想、ロックテイスト、そして、大人の色気に彩られたエモーショナルな作品群と「エキサイティングカルチャーの交差点」とでも呼びたくなるような尖った店舗は、数多くのミュージシャンや俳優、フォトグラファー、ライター、料理人といった「表現者」たちの琴線を刺激、まるでジャムセッションのような岡田との注文のやり取りに魅了された錚々たる人物たちが顧客名簿に名前を連ねている。

フォローする

14人がフォローしています

Museum screenshot user 8267 af89dcdd af90 4dfd aa76 b6a060cb3337
  • 入館者数

    95968人

  • コレクション・ルーム数

    4個

  • アイテム数

    507個

  • モノ日記

    28個

ミュージアムを訪れる

LOUD GARDENさんの最新モノ日記

最近のコメント

まだ、コメントはありません