みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問

0

ギター殺人者の凱旋

『ブロウ・バイ・ブロウ』
(Blow by Blow) は、1975年にリリースされたジェフ・ベックのアルバム。
発表当時の邦題は、『ギター殺人者の凱旋』(The Return of Axe Murderer)であった。

SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディションー(紙ジャケット仕様)
リリース
1975年3月29日

プロデュース
ジョージ・マーティン
#紙ジャケ
#jeffbeck

File

みんなのモノ日記

  • 2018/8/3
    File

    blow byと

    (WiredのB面、ベックもう飽きてやる気無いの?的で私には聴くところはありません. ベックは曲作らないからか、メロディが美味く無いと、奏でる独特なフレーズも生きてこない気がします、「blowbyblow」には、マッカートニーとスティビーの天才の3曲があり、マックスミドルトン中心に曲が構築されたと思います。「wired」にはミンガス1曲のみ、ミドルトンよりヤン・ハマー色が強い?のでしょうか。B面曲のメロディーに魅力がない事、加えて「ライブ・ワイヤー」でのハマーの2.4.5が受け入れられない事なども鑑みて???? 「ギター殺人者の凱旋」の圧倒的勝利でございました。(個人の感想です) ジャケはカッコいいし、大音量で鳴らしたいのにA面終わるとそれっきり。 #jeffbeck #比較

    File

    45rpm

History

  • 2018/04/25

    アイテムの公開が始まる

  • 2018/07/01

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、68日目での達成!