sannin musuko no_mama Museum

by ミューゼオロゴ
File
File
File
File
File
File
File
File
File

Since 2020 December

"鉱物採集が趣味の私が、長年通って採集した茨城県常陸大宮市玉川産の赤瑪瑙を展示しています。標本は自身で採集したものと、地元の方に分けて頂いたものです。ここは常陸国風土記にも登場する、古来から有名な瑪瑙の産地です。国産瑪瑙の美しさを見て頂きたいと思います。"

ミュージアム・オーナー

File

三人息子のママ

入館者数1485人

アイテム展示数23個

いいね!数168個

Museum Owner

File

三人息子のママ

山登りと天体観測、パワーストーン、鉱物採集が趣味です。只今星景写真の練習中です。鉱物採集は、茨城県常陸大宮市の玉川の赤瑪瑙を採りに行ってます。パワーストーンは蒼く光る石と青い石に惹かれます。1番好きな石は日本の国石である糸魚川翡翠です。

Floor Map

  • 2F

    茨城県常陸大宮市玉川産の赤瑪瑙

    23
    File
  • 1F

    茨城県常陸大宮市玉川産 赤瑪瑙(carnelian)

    0
    File
  • Entrance

    File

1F 茨城県常陸大宮市玉川産 赤瑪瑙(carnelian) 0

File

 茨城県常陸大宮市玉川は、常陸国風土記にも出てくる古来から良質な瑪瑙の産地として有名です。ここでは縄文時代から石器やヤジリとして瑪瑙が使われており、加工場の遺跡も発掘されています。"道の駅常陸大宮"に発掘された貴重な瑪瑙が展示されています。  ここの瑪瑙は石灰岩や泥岩などの堆積岩の中にシリカが染み入ってできたタイプで、板状・脈状に発達しています。大きさはごく微小なものから直径1メートルを超える団塊まであり、生成された年代は一千万年前以上前と言われています。  地元の方の家には、大型の瑪瑙の団塊が庭石になっており、以前は玉川沿いの土地を耕すと沢山出てきたそうです。今では玉川も護岸工事が進み、中々採集できる場所がなくなってきました。  ここでは瑪瑙をはじめ、珪化木も採集できます。玉川とその玉川が合流した後の久慈川の河原で採集したものと、地元の方に分けて頂いた石を展示します。  国産鉱物は地味な色合いのものが多いのですが、ここの産地の瑪瑙はカーネリアンやサードオニキスと呼べる美しい色合いです。

Loading

2F 茨城県常陸大宮市玉川産の赤瑪瑙 23

File

茨城県常陸大宮市玉川は、常陸国風土記にも出てくる古来から有名な瑪瑙の産地です。玉川や合流している久慈川では、国産鉱物としては珍しいとても美しい赤瑪瑙が採集できます。コレクションは私が通って採集したものと、地元の方に分けて頂いた標本です。国産瑪瑙の美しさを知って頂きたいです。

Loading

Thank you !!
Museum of 三人息子のママ はいかがでしたか?
入館の記念にコメントを残してみましょう。

Recommend

Museum Shortcut Map