» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

みんなのコレクションが集まるミュージアム

Bg 02
File
File
File
File
File
File
File
File
File

Museum of naranoyoko

Since 2018 December

"鉱物標本の部屋です。"

ミュージアム・オーナー

File

Yoko(@naranoyoko)

入館者数691人

アイテム展示数5個

いいね!数34個

Museum Owner

File

Yoko(@naranoyoko)

鉱物標本の寿命は自分より長く、よい標本は数代のコレクターを経て、自分のところにやってくることも。きちんと保管すればほぼ劣化しないが、飾る以外の実用性、機能性はゼロなので、純粋に自分がいいと思うもの、自分に「訴えかけてくるもの」のみを集める遊びになる。 結局それは「自分を知る」遊び。自分は誰で、どういうものに惹かれるのか? ということ。自分の周りに集めるものは、何でもそうです。

Floor Map

  • 6F

    その他鉱物

    1
    File
  • 5F

    ベリル(緑柱石)

    0
    File
  • 4F

    アルプス水晶

    0
    File
  • 3F

    紫水晶

    2
    File
  • 2F

    水晶

    1
    File
  • 1F

    Ground Floor

    File

2F 水晶 1

File

鉱物蒐集は水晶に始まり水晶に終わる。なーんてね。そうでもないですけど。

Loading

3F 紫水晶 2

File

紫水晶、アメシスト(アメジスト)。鉱物標本としてもっとも美しい紫水晶は、メキシコのゲレロ産、ベラクルス産と言われているが、ナミビアのブランドバーグ産も有名である。ただし、ゲレロは絶産で美品はほとんど出てこない。個人的には、国産のやさしい紫色も好き。カバー画像は後で変えます。

Loading

4F アルプス水晶 0

File

ヨーロッパのアルプス山脈で採れる水晶です。当たり前だが、スイス、フランス、イタリア産が多い。ヨーロッパは昔から鉱物コレクターが多く、アルプス産の鉱物(水晶に限らず)がコレクションされてきた。ブラジルやヒマラヤ山脈の水晶のように大型重機が入ることもなく、今でも夏だけ専門の職人が山に登って、丁寧に採掘している。従って、人件費のことがあるので、価格は高めである。クオリティによりまったく価格が異なるが、最近は円安なのでつらい。グインデルなどはなおつらい。カバー写真はまったく違うので後で差し替えます。

Loading

5F ベリル(緑柱石) 0

File

ベリル(緑柱石)は最近集め始めたばかりです。色によって、いろいろな呼び方があります。カバー写真はすべて小さなアクアマリン。少しずつ違うブルーが楽しい。価格帯的にはアクアマリンがもっとも買いやすく、王者エメラルドと女王レッドベリルが双璧で頂点ですが、エメラルドのほうが物はよく見ます。いいものはすごい値段がする。

Loading

6F その他鉱物 1

File

鉱物はたくさん種類があるんです。「その他」なんてまとめちゃったけど、ガーネットやトルマリンだけ集めるのも「沼」です。もっともおそろしい沼は、「蛍石」といいます。そこには近づかないようにしています。

Loading

Owner's Diary

まだ、モノ日記は書かれていません

みんなの感想

Thank you !!
Museum of Yoko(@naranoyoko) はいかがでしたか?
入館の記念にコメントを残してみましょう。

オススメのミュージアム

Museum Shortcut Map