新規会員の登録(無料)
ログイン
ミューゼオとは? よくある質問

みんなのコレクションが集まるミュージアム

Bg 05
File
File
File
File
File
File
File
File
File

Museum of kushi_kanzashi_museum

Since 2014 December

ミュージアム・オーナー
File

櫛・かんざし美術館

入館者数16751人

アイテム展示数46個

Museum Owner

File

櫛・かんざし美術館

東京都青梅市(奥多摩)に平成10年4月オープンした≪澤乃井 櫛かんざし美術館≫は、収集家として著名であった岡崎智予さんのコレクションを一括継承し、さらに新規の収蔵品を加えて、集大成したものです。 ≪澤乃井 櫛かんざし美術館≫の収蔵品は、江戸から昭和までの櫛とかんざしを中心に、紅板、はこせこ、かつら、矢立等に及び、その数は4000点にも達します。技術の粋を集めたこれらの工芸品は、わが国の風土の美しさ、日本人の精神的豊かさと併せて、先人たちの類まれな器用さを端的に示すもの。 この貴重な文化遺産を末永く伝え、一人でも多くの皆様に、日本の美を再認識していただければと願って当館は設立されました。

http://kushikanzashi.jp/

Owner's Diary

まだ、モノ日記を書いていません

Floor Map

  • 6F

    生き物が描かれている櫛

    コレクション8
    File
  • 5F

    鼈甲(べっこう)で作られた櫛・かんざし

    コレクション7
    File
  • 4F

    江戸時代の櫛・かんざし

    コレクション24
    File
  • 3F

    昭和、明治、大正時代の櫛・かんざし

    コレクション13
    File
  • 2F

    外国の櫛・かんざし

    コレクション9
    File
  • 1F

    Reception

    File

2F外国の櫛・かんざし

File

スペイン、イギリスなどのヨーロッパから、アメリカ、ボリビアのアメリカ大陸。そして中国、韓国などのアジアの櫛・かんざしを紹介。

Loading

3F昭和、明治、大正時代の櫛・かんざし

File

日本の昭和、明治、大正時代の櫛・かんざしをまてめています。

Loading

4F江戸時代の櫛・かんざし

File

日本の江戸時代、幕末時代の櫛・かんざしをまとめています。

Loading

5F鼈甲(べっこう)で作られた櫛・かんざし

File

鼈甲(べっこう)は、熱帯棲のウミガメの1種タイマイの甲羅の加工品で、背と腹の甲を構成する最外層の角質からなる鱗板を10枚程度に剥がして得られる。色は半透明で、赤みを帯びた黄色に濃褐色の斑点がある。黄色の部分が多いほど価値が高い。 工芸品の素材に使われる。現在では希少価値のほか、プラスチックとは異なる軽い質感を求めて鼈甲製品を購入する客層は厚い。 -- 参照:wikipedia --

Loading

6F生き物が描かれている櫛

File

櫛の中に生き物が描かれている櫛を集めてみました。 手のひらサイズの櫛に生き物を描く事で、躍動感が出ます。

Loading

Thank you !!
Museum of 櫛・かんざし美術館 はいかがでしたか?
良かったら感想を書いてみましょう。

みんなの感想

まだ、感想は書かれていません