みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

ココティーンの変遷(前半:1992~2010年)

公開日:2018/3/19

『ココティーン』は1992年に発売が開始されたココア飲料ブランドである。


第1期:1992~1993年

340g缶のマイルドココア、および190g缶のプレミアムココアが発売された。

ココティーン マイルドココア

/cfcj/items/244

七砂

ココティーン プレミアムココア

https://muuseo.com/cfcj/items/245

第2期:1996~1997年

ココティーンブランドはしばらく休止していたが、1996年にカジュアルなイメージのパッケージに切り替えて発売再開。

280g缶は1996年に四国で販売されたが、190g缶は1997年に他地域で販売された。製造は1992年版から継続で、三協乳業(株)伊那工場である。

紫色の缶は目を引いたが、単年度で販売終了。

ココティーン マイルドココア

https://muuseo.com/cfcj/items/246

ココティーン マイルドココア

https://muuseo.com/cfcj/items/247

第3期:2001~2014年

2001年にココティーンブランドから『ラムショコラ』が発売された。

このときのロゴ書体が2014年まで使用されている。

ココティーン ラムショコラ

https://muuseo.com/cfcj/items/1944

2002年はココア製品の販売は無かったが、

2003年より冬季限定品として190gのココアが継続販売されるようになる。

ココティーン ユーロプレミアムココア 牛乳23%・生クリーム使用

https://muuseo.com/cfcj/items/1945

2003年版は『牛乳23%』表記、2004年版は『牛乳たっぷり』表記である。

2005年は2004年版と同一である。

2006年夏より、夏季限定品として『アイスココア』280g缶が発売開始された。

ココティーン ユーロプレミアム アイスココア

https://muuseo.com/cfcj/items/2598

2006年冬、夏のアイスココアと統一感のあるパッケージにリニューアル。生クリームが北海道産と明記された。2007年は変更なし。

ココティーン ユーロプレミアム ココア

https://muuseo.com/cfcj/items/1947

2008年夏、アイスココアのパッケージをリニューアル。

ココティーン ユーロプレミアム アイスココア

https://muuseo.com/cfcj/items/2599

2008年10月、ココアのパッケージも夏と揃えるかと思いきや、『ユーロプレミアムココア』から『厳選素材ココア』に商品名を変更。

ココティーン 贅沢素材 ココア

https://muuseo.com/cfcj/items/1948

2009年夏、2008年冬版と同じ『厳選素材』のフォントを使用したアイスココアを発売。2009年冬と2010年夏は変更なし。

ココティーン 贅沢素材 アイスココア

https://muuseo.com/cfcj/items/2600

(後半に続く)

#参考 #比較 #コレクションログ

File

七砂

コカ・コーラ社製品を25年以上集めています。新旧問わず紹介していきます。

フォローする

52人がフォローしています

Museum screenshot user 1438 e2ba2179 b59a 4788 8bf8 86de6eab1630
  • 入館者数

    781970人

  • コレクション・ルーム数

    158個

  • アイテム数

    4535個

  • モノ日記

    761個

ミュージアムを訪れる

七砂さんの最新モノ日記

最近のコメント

まだ、コメントはありません