家庭用カラオケ機器‥‥懐かしのカタログ

初版 2021/03/08 14:07

1982年に製作されたカラオケ機器のカタログ。頂いたレコードのジャケット内から出てきたものです。

私にとっては懐かしいものですが、若い方にとってはどんな感じなんでしょう?存在意義が理解できないかもしれませんねこうした製品の。


〝音斎処〟に集まってくるレコード盤の中には、こんな感じの現代史を知る上で結構面白いものが、時々入っています。

このカタログなどは、販売価格が明記されているので、物価との関係を知る上で結構参考になるものでは無いでしょうか?恐らくこの頃の私の手取りは10万くらいだったか?まだこの頃は春闘で賃上げ二ケタは(もち論%のことですが)当たり前の時代でした。



#参考

#思い出

◇ 岐阜県恵那市岩村町にある安田邸で、〝音斎処〟名義にて(株)エルプ製の光学式ターンテーブル『レーザーターンテーブル』を使って三月から十月の毎月一回第四土曜日にレコード・コンサートを開催しています。
◇ ここミューゼオでは、〝音斎処〟@安田邸に寄贈されたアナログ盤の中から、洗浄と盤のチェックが終わり、リスト化され段ボール箱に仕舞われている盤を、ほぼ箱単位で紹介しています。
◇ ここに紹介しているアイテムは、文句カード(紙資料)を除き、全てアナログ盤(ヴァイナル盤及びシェラック盤)です。CD、DVD等による出版音源は展示しておりません。

http://www.tajimiyori.com

Default