みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

File

LG 0107 Navy Blue "Leno Cloth" Shirt

「国産素材の最高峰コレクションThe Royal Caribbean Cotton」のSilver Lineに収録されているLeno Cloth/レノクロス(絡み織り)シリーズのネイヴィブルー無地でお作りしたシャツです。
昨日ご紹介した LG 0106 White "Leno Cloth" Shirt の完全なる色違いです!

このLeno Cloth(絡み織り)は、『「文字通りに糸が複雑に絡み合うように構築されたメッシュ状の組織」が生む「豊かな凹凸」』を最大の特徴に持つ素材です。
その凹凸により肌への接地面積が通常の素材より50%前後少なくなることで、熱を逃しやすく、ベトつきにくく、肌にまとわりつきにくいといった極めて快適な着心地を実現しております。
また、目透き感のある組織ゆえの通気性の良さ、強撚糸ゆえのしわになにりくさも嬉しいポイントではないでしょうか。
そして、目透き感があると心配になる「肌の透け」ですが、それも豊かな凹凸がかなりの部分防いでくれるので安心です。
加えて、ご覧のように適度なカジュアル感まで演出してくれるこの凹凸、無敵に近いかもしれません!!
少なくとも、リネン混紡素材や鹿の子素材、Ice Cotton等の高機能素材に加えて、このLeno Clothも春夏向けのドレスシャツ素材の有力候補であることは間違いありません。
品質は100% Cottonです。

今回はそんな超優秀なLeno Clothを「カッタウェイカラー」「フレンチカフス(ダブルカフス)」「フレンチフロント(裏前立)」「二重タライデザインのマザーオブパール(白蝶貝)ボタン」という極めて端正でドレッシーなデザイン/仕様で仕上げました!
これからの季節に大活躍すること間違いないクール&ダンディな1枚です。

最後に、The Royal Caribbean Cottonの特徴を以下にご紹介いたします。
—–
まずは原材料です。
良質の綿花のみを手摘みで収穫、38㎜以上の超長繊維綿のみを選りすぐっております。
これが上品な光沢としなやかさを持ち自然な肌触りを感じ取ることが出来る素材の「土壌」となります。
続いてThe Royal Caribbean Cottonの最重要ポイントともいえる「ガス焼き」です。
「ガス焼き」とは、紡績の段階で「糸の1本1本を2回に分けてガス管に通して焼くことで余計な毛羽を除去する工程」のことです。
この工程により、素材の表面が均一化し染色性が向上、繊細な色合いを表現する事が可能になります。
また、糸ムラが抑えられるため素材表面が一層美しく仕上がります。
某俳優さんを筆頭にした数々のファッション上級者をも魅了してきた滑らかな肌触りと上品な光沢は、原材料の品質の高さとこのガス焼き工程に由来します。
最後に製織です。
昔ながらの低速のシャトル織機を用いて丁寧に織られていることと、製織段階での糊付けを行っていないことから素材本来の豊かな風合いを失うことなく仕上がります。
かように原材料、紡績工程、製織工程の3段階、すべてにおいてこだわりを凝縮した素材がThe Royal Caribbean Cottonなのです!
—–
The Royal Caribbean Cottonは専用バンチブック2冊:Silver LineとGold Lineで展開しております。
ご来店の際にはぜひともチェックをしてみて下さいませ。

#lenocloth #blueshirt #theroyalcaribbeancotton