みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • PLAY

LG 0105 Navy Blue Jacket

1912年創業、現在でも『「ションヘル織機」という1950年頃に日本国内で普及した国産の低速織機を駆使して他社には真似の出来ない温もりあふれる高付加価値素材を作り続けている希少なミル:葛利毛織(クズリケオリ)』の60% Wool + 40% Kid Mohair素材でお作りしたジャケットです。
いわゆる「トニックタイプ」のこの素材は、過去のアーカイヴを元に "Vintageシリーズ" として復刻させた逸品で、415g/mとかなりのヘヴィウエイトかつ相当にしっかりとした打ち込みを誇ります。
かつて同社の社長が仰っていた「資料が戦争で焼かれなかった幸運」と「バブル期に高速織機への投資を行わなかった先見の明」の両輪があってこその傑作です。
その「こだわりが結集したヴィンテージライクな風合い」に加えて、上質なキッドモヘアならではの美しい光沢と豊かなシャリ感、パリッとした仕立て映えもこの素材の大きな魅力です。
こちらのネイヴィブルー以外にライトブルー、ダークグレイ、ライトグレイのご用意もあります。

そんなウンチク満載の素材でお仕立てしたこのジャケットですが、ぱっと見は割とクラシカルながらも、実は「made in Italyのポップなライニング」「ライニングで代用したカラークロス(上衿裏面のフェルト生地)」「made in Englandのネイヴィブルーのリアルホーン(本水牛)ボタン」「ポロコートによく見られるフレイムドパッチ&フラップポケット」「(袖口の)ブルーグラデーションのスランテッドボタンホール」といったエキサイティングかつ個性あふれるギミックが満載です。
「オーダーメイドってやっぱり楽しいな!」と再確認させられる自信作です!

#navybluejacket #葛利毛織 #mohair