» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問

みんなのコレクションが集まるミュージアム

Bg 02
File
File
File
File
File
File
File
File
File

Museum of 24940985

Since 2018 January

主に1/64スケール車両を登録していきます。 そのうちジャンクミニカーや、ゲーム内の車も展示するかもしれません。

ミュージアム・オーナー
Picture

KEIHIN7

入館者数2918人

アイテム展示数62個

いいね!数387個

Museum Owner

Picture

KEIHIN7

ムラゴンでミニカー日記もやらせてもらってます。(最近は更新は低浮上です。)

https://minicar765.muragon.com/

Floor Map

  • 11F

    ジャンクミニカー公開場

    6
    File
  • 10F

    ホットウィール アソートシリーズ

    2
    File
  • 9F

    ホットウィール スペシャルブリスター

    2
    File
  • 8F

    ホットウィール オールドブリスター(実車)

    10
    File
  • 7F

    ホットウィール オールドブリスター(架空車両)

    5
    File
  • 6F

    ホットウィール カーカルチャーシリーズ

    4
    File
  • 5F

    ホットウィールズ ベーシックカー(ブリスター)

    24
    File
  • 4F

    ホットウィール ルース館

    5
    File
  • 3F

    トミカ

    3
    File
  • 2F

    マジョレット

    1
    File
  • 1F

    Ground Floor

    Picture

2F マジョレット 1

File

Majoretteはフランスの玩具メーカーで、主に小型ダイカスト車やその他の建設・軍用車を1:64規模で生産しています。 これは普通の2.5インチから3インチのサイズなので、Majoretteは時々フランスのマッチボックス・トイと呼ばれています。 伝統的に、生産はリヨンの都市部を中心に行われましたが、現在はタイでモデルが作られています。

Loading

3F トミカ 3

File

プラレールとともにトミー時代からの主力商品であり、販売開始当初から老若男女を問わず愛され続けてきている。同社のプラレールと組み合わせて遊べるように製作されており、プラレールと組み合わせた商品も存在する。年に一度、主要都市等で開催される愛好者向けイベント「トミカ博」は、「プラレール博」と共にトミー(現・タカラトミー)の重要なイベントであり、多くの来場者を集めている。 トミカが発売された1970年当時、国産車のミニカーといえばダイヤペット(米沢玩具→セガトイズ→現・アガツマ)やモデルペット(アサヒ玩具)に代表される標準スケールが中心であり、小スケールミニカーは細々と輸入される海外ブランドしか存在しなかった。この状況に目をつけ、国産車の本格的小スケールミニカーとして発売されたのがトミカである。

Loading

4F ホットウィール ルース館 5

File

ホットウィール (英語: Hot Wheels) は、アメリカの玩具メーカーマテルのミニカーブランド。 アメリカのマテルが1968年9月7日に発表した亜鉛合金製ダイキャスト成型のミニカーシリーズである。高速ホイールを履いた3インチサイズのモデルを中心に1/18スケールや1/43スケールの製品が存在する。 ホットウィールのロゴは当時マテルに在籍していたカリフォルニアのアーティスト リック・アイアンズ (Rick Irons) が手掛けたものである。 それまでのミニカーが造形や車内など、実車を忠実に再現している模型的要素が強かったのに対し、ホットウィールは玩具として見た目の『かっこよさ』を前提としたのが最大の特徴である。そのため車種のほとんどが派手な外板塗装やエアロパーツが装備されているほか、極端なデフォルメを行ったものもある。 発売当初は『世界一速いミニカー』というキャッチコピーを使っており、ほとんどの車種が高速走行にも対応できるプラスチック製の幅広いホイールを履いていた。また、車体が弾むほどの強いピアノ線で車軸を作っている。アクロバット走行や高速走行のできるレーシングコースも発売されている。 発売から50年近く経つ現在も高い人気を誇っており、デザイナーとの交流会やカスタムコンテスト、コレクターズミーティングといったイベントが世界各地で行われている。また、ホットウィールオリジナルデザインのミニカーを実車で製作するファンも現れている[1]。 日本では、國際貿易取扱時代に「ホットホイール」、バンダイ取扱時代に「ホットウィール」とパッケージに表記されたため、この両者を呼称することが多い。 この説明はwikiから引用されました。

Loading

5F ホットウィールズ ベーシックカー(ブリスター) 24

File

ホットウィールの未開封状態の展示です。

Loading

6F ホットウィール カーカルチャーシリーズ 4

File

主に、リアルライダーを展示します。

Loading

7F ホットウィール オールドブリスター(架空車両) 5

File

主に、まだブリスターの絵がミニカーと同じではない時代のブリスターです。

Loading

8F ホットウィール オールドブリスター(実車) 10

File

主にオールドブリスターの実車です。

Loading

9F ホットウィール スペシャルブリスター 2

File

いつもとは少し違うブリスターの形状のホットウィールを展示します。

Loading

10F ホットウィール アソートシリーズ 2

File

おもに、コレクションできる(全何種類など)ものを展示します。

Loading

11F ジャンクミニカー公開場 6

File

主にチップ有りや、ひどい傷など付いた車を展示します。臨時追加予定。

Loading

Owner's Diary

まだ、モノ日記は書かれていません

みんなの感想

Thank you !!
Museum of KEIHIN7 はいかがでしたか?
入館の記念にコメントを残してみましょう。

  • File
    2018/1/27

    kenta0301

    フォローありがとうございます。

    返信する
    • Picture
      2018/1/28

      KEIHIN7

      こちらこそ、ありがとうございます!

      返信する

オススメのミュージアム

Museum Shortcut Map