みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • PLAY

竇師綸墓誌 拓本 原拓本 とうしろん ぼし

この人物の名は 竇師綸 とうしろん と読むのだと思う。

一辺が1メートル以上ある大型の拓本で、蓋の拓本もある2枚組。
墓誌銘は縦44文字、横40文字。合計のマス目は1760文字分あり、ほぼぎっしりだから1700文字は彫られている。気が遠くなる作業だったろう。
上柱国という官職は唐では正二品に相当するそうだからかなりの貴族か官僚で、秦府諮議とか大府少卿とも三州刺史ともあるので大蔵官僚の様な事をしていたのかもしれない。この辺りわかる方教えて下さい。
多分この墓誌銘は最近の西安の開発で発掘されたもの。

西安の拓本店の親父は掛け値なしに1200元=約2万円!ぐらいのことを言っていたが正確な価格はわすれてしまった。

ようやくこの墓誌の人物について判明しつつある。墓誌などに書かれた古代の謎が解けてくる瞬間のワクワク感は唐の時代に旅している様で半端なく楽しい!
竇師綸 とうしろん 唐の太宗に仕えた画家かなんか、とも書かれている。高官は優れた芸術家でもある場合が多いのでそういう事もあるだろう。墓誌は高宗の時代に入っての咸亨年(673)の刻らしい。出土場所時期などは不明。