みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File

なまなりさん

新耳袋の著者でもある、中山市郎氏が、書いた 実話怪談本。 単行本の時は、あまりにも怖くて
買えなかったというエピソードがあります(;^_^A  文庫本になって、覚悟を決めて(笑) 購入。
あまりに面白く怪談で面白いもおかしいが、一気に、読んでいった記憶があります。
ただ、書かれていることが、今でも本当に実話なのか 信じられないというのが、本心です。
人の思いが、極限まで、行くと、こんなことが起こるかもしれないと思うと、いろいろな意味で本当に
怖い話です。 実話怪談が好きな人はぜひ、読んでほしい本のひとつです。

  • File
    2018/12/30

    omaharuge102

    新耳袋から実話怪談にはまり、数年前まで竹書房の「超怖い話」系の書籍は毎月欠かさず購入しておりました。
    しかし、ある日ふと我に返り、それからは殆ど買ってません。やはり数が揃うと話もエスカレートして怖さのインフレが生じてしまうからと思います。
    「いくら何でもこの話はねえだろう」というのが目立ち、(面白いかは別にして)話としてはよく出来てるけど…と、醒めてしまうんですよね。
    それでも時々無性に読んだり聴いたりしたくなる、実話怪談とは不思議なものです。

    返信する
    • Animals 54
      2018/12/31

      monster

      コメントありがとうございます。
      僕の場合は、これが本当に起こったことなのかと思う話が
      ありますね。 これが事実ならすごいんですけど・・・・・・
      僕は、単にお金がなくて、最近の実話怪談本は、買っていないんですが、 おっしゃる通り持っている本を 読み返してみたくなるんですよね
      だってなまなりさんは、何度も読み返していますからね(;^_^A

      返信する

History

  • 2018/12/30

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/01/01

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、3日目での達成!