みんなのコレクションが集まるミュージアム

ベジータベータ(1992~2006)

公開日:2019/12/12

ベジータベータは1992年に発売された、ベータカロチン入り飲料である。

ベジータベータ カロチン

https://muuseo.com/cfcj/items/483

七砂

120mlびんのほか、300mlびんや1000mlPETも発売された。


ベジータベータ カロチン

https://muuseo.com/cfcj/items/358

七砂

ベジータベータ カロチン

https://muuseo.com/cfcj/items/306

七砂

1995年に南九州エリアでパッケージ変更されたものが発売された(画像のキャップは旧製品と同じ)が、他地域では未発売。


ベジータベータ

https://muuseo.com/cfcj/items/484

七砂

1996年発売の190g缶は前年の新デザインの上部を踏襲しつつ、旧パッケージのロゴを使用。

ベジータベータ カロチン 190g缶 (1996)

https://muuseo.com/cfcj/items/413

七砂

1997年にデイリーケアブランドに編入。

デイリーケア 手軽に栄養 ベジータベータ

https://muuseo.com/cfcj/items/3445

七砂

230mlのにんじん型ボトルも発売された。

デイリーケア 手軽に栄養 ベジータベータ

https://muuseo.com/cfcj/items/2253

七砂

デイリーケア ベジータベータは長野オリンピック公式飲料になったり、

みかんからバレンシアオレンジに変更したり、マイナーチェンジをしながら2005年まで発売された。この間、販売エリアが全国から徐々に縮小し、

2005年のリニューアル(デイリーケアから離脱)時点では取扱いボトラーがみちのくコカ・コーラボトリング(株)のみとなっていた。

160mlびん(青森工場製)と1000mlミディPET(秋田工場製)が販売された。

ベジータベータ

https://muuseo.com/cfcj/items/3451

七砂

ベジータベータ

https://muuseo.com/cfcj/items/3470

七砂

2009年頃、160mlびんの販売を終了。

パッケージをリニューアルしつつ、1000mlPETのみ生産が継続された。

一時はみちのくエリアだけでなく、北海道コカの道内通販『グッと楽便』でも取り扱いがあったが、エリア内でも取り扱い店が減少。2014年時点では常に取り扱いがあるのはドラッグストア『薬王堂』くらいとなっていた。

ベジータベータ

https://muuseo.com/cfcj/collection_rooms/53

七砂

2015年、秋田工場閉鎖に伴い1000mlPETの販売を終了。


#コレクションログ #比較 #参考

File

七砂

コカ・コーラ社製品を25年以上集めています。新旧問わず紹介していきます。

フォローする

53人がフォローしています

Museum screenshot user 1438 b8ebf9d3 a69d 4444 91f7 81868d16ef96
  • 入館者数

    796495人

  • コレクション・ルーム数

    159個

  • アイテム数

    4576個

  • モノ日記

    758個

ミュージアムを訪れる

七砂さんの最新モノ日記

最近のコメント

まだ、コメントはありません