みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File
  • File
  • File
  • PLAY

Bitches Brew / Miles Davis

"Bitches Brew" "John McLaughlin" "Sanctuary" (Wayne Shorter)
Recorded Columbia Studio B, New York City August 19, 1969
Miles Davis – trumpet
Wayne Shorter – soprano saxophone
Bennie Maupin – bass clarinet
Joe Zawinul – electric piano – Left
Chick Corea – electric piano – Right
John McLaughlin – electric guitar
Dave Holland – bass
Harvey Brooks – electric bass
Lenny White – drum set – Left
Jack DeJohnette – drum set – Right
Don Alias – congas
Juma Santos (credited as "Jim Riley") – shaker, congas
On "John McLaughlin" omit Shorter and Davis
On "Sanctuary" omit Maupin, Brooks and White

"Miles Runs the Voodoo Down"
Recorded Columbia Studio B, New York City August 20, 1969
Miles Davis – trumpet
Wayne Shorter – soprano saxophone
Bennie Maupin – bass clarinet
Joe Zawinul – electric piano – Left
Chick Corea – electric piano – Right
John McLaughlin – electric guitar
Dave Holland – electric bass
Harvey Brooks – electric bass
Don Alias – drum set – Left
Jack DeJohnette – drum set – Right
Juma Santos (credited as "Jim Riley") – percussion

"Spanish Key" "Pharaoh's Dance" (Joe Zawinul)
Recorded Columbia Studio B, New York City August 21, 1969
Miles Davis – trumpet
Wayne Shorter – soprano saxophone
Bennie Maupin – bass clarinet
Joe Zawinul – electric piano – Left
Larry Young – electric piano – Center
Chick Corea – electric piano – Right
John McLaughlin – electric guitar
Dave Holland – bass
Harvey Brooks – electric bass
Lenny White – drum set – Left
Jack DeJohnette – drum set – Right
Don Alias – congas
Juma Santos (credited as "Jim Riley") – shaker

"Feio" (Wayne Shorter)
Recorded Columbia Studio B, New York City January 28, 1970
Miles Davis – trumpet
Wayne Shorter – soprano saxophone
Bennie Maupin – bass clarinet
Joe Zawinul – electric piano – Left
Chick Corea – electric piano – Right
John McLaughlin – electric guitar
Dave Holland – electric bass
Billy Cobham – drum set – Left
Jack DeJohnette – drum set – Right
Airto Moreira – percussion and cuica

前作「イン・ア・サイレント・ウェイ」に続き、エレクトリック・ジャズ路線を押し進めた内容で、「フュージョン」というジャンルを確立した、ジャズ史上最も革命的な作品。アメリカでゴールド・ディスクに達し、「カインド・オブ・ブルー」と並ぶマイルス最大のヒット作。
ほぼ全編16ビートを基調としており、ドラマー2人とパーカッション奏者2人を起用することで、多彩なリズムを積み重ね、リズム面でもジャズ界に革命をもたらしました。
27分に及ぶ「ビッチェズ・ブリュー」を筆頭に、どの曲も10分を超える大作。唯一「ジョン・マクラフリン」のみ5分未満ですが、これは、「ビッチェズ・ブリュー」があまりに長いため、プロデューサーのテオ・マセロが一部を切り取り、単体の楽曲として独立させたもの。全ての曲がテオ・マセロにより緻密な編集が施され、他のクロスオーバー系アーティストとは一線を画す独自の実験性が反映されています。

  • File
    2018/9/10

    45rpm

    「電化マイルスは認めない!」
    っていう頑固なおじさんしってます。

    私はロック的に聴くので、ただ凄いなぁと
    電化マイルス好きです。

    返信する
    • File
      2018/9/10

      ts-r32

      昔、11PMやクイズダービーの司会をやってた黒縁眼鏡の方も同じようなことをおっしゃってましたね😁
      マイルスは音楽性はどんどん変わっていきましたが、マイルスの吹く音自体は最後までマイルスだった。そんなところに惹かれています😊
      このアルバムは最も好きなアルバムで、LPのジャケットを眺めながらCDを聴いてました😁

      返信する

History

  • 2018/03/10

    アイテムの公開が始まる

  • 2018/09/10

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、185日目での達成!