みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

File

あくびノオト/北 杜夫

新潮文庫

北 杜夫(1927年5月1日 - 2011年10月24日)は、日本の小説家、エッセイスト、精神科医、医学博士。1958年、水産庁の漁業調査船照洋丸に船医として乗船し、インド洋から欧州にかけて航海、この体験に基づく旅行記的エッセイ『どくとるマンボウ航海記』が同年に刊行されると、従来の日本文学にない陽性でナンセンスなユーモアにより評判となり、ベストセラーとなります。その後ナチス・ドイツの「夜と霧作戦」をモチーフにした『夜と霧の隅で』で、1960年に芥川賞を受賞しました。

『あくびノオト』(1961年)は、夢想の世界に遊ぶ主人公の、現実とのくいちがいに生ずる悲哀をユーモラスに描いて苦い笑いを誘う『第三惑星ホラ株式会社』『少年と狼』『活動写真』等の物語。他に、なまけものやホラ吹きへの共感、沖縄紀行、医学生時代の思い出や精神科医としての体験、子供マンガへの愛着と無理解な大人への抗議、等々、あわただしい現代社会への批評の眼を、爽やかな笑いに包んだエッセイを収めています。

History

  • 2018/04/28

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/08/21

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、481日目での達成!

  • 2019/08/22

    "いいね!"が20人を超える
    公開後、482日目での達成!