みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

File

遠い声 遠い部屋/カポーティ

新潮文庫

トルーマン・ガルシア・カポーティ(Truman Garcia Capote, 1924年9月30日 - 1984年8月25日)は、アメリカの小説家。17歳で『ザ・ニューヨーカー』誌のスタッフとなり、19歳の時に掲載された最初の作品『ミリアム』でオー・ヘンリー賞を受賞し、「アンファン・テリブル(恐るべき子供)」と評されます。
23歳で初めての長編『遠い声 遠い部屋』を出版し、若き天才作家として注目を浴びました。その後は中編『ティファニーで朝食を』が映画化されヒットするなど、1作ごとに華やかな話題をふりまき映画にも出演し、ノーマン・メイラーとともに作家としては珍しくゴシップ欄の常連になるなど、公私の両面で話題を振りまきました。1966年に発表した『冷血』では、実際に起きた一家殺人事件を題材にすることにより、ノンフィクション・ノベルという新たなジャンルを切り開きました。

『遠い声 遠い部屋』は、父親を探してアメリカ南部の小さな町を訪れたジョエルを主人公に、近づきつつある大人の世界を予感して怯えるひとりの少年の、屈折した心理と移ろいやすい感情を見事に捉えた半自伝的な処女長編。戦後アメリカ文学界に彗星のごとく登場したカポーティにより、新鮮な言語感覚と幻想に満ちた文体で構成されたこの小説は、発表当時から大きな波紋を呼び起した記念碑的作品です。

History

  • 2018/04/28

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/08/18

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、478日目での達成!