みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

File

ワインズバーグ・オハイオ/アンダスン

新潮文庫

シャーウッド・アンダーソン(Sherwood Anderson, 1876年9月13日-1941年3月8日)は、アメリカの作家。1919年、オハイオ州の小さな田舎町を舞台にした短編集『ワインズバーグ・オハイオ』が評判を呼び、一躍有名作家となりました。アメリカ的な土着性とヨーロッパ的モダニズムとの複合を試みた作品がアメリカ文学史上に占める位置は大きく、ウィリアム・フォークナーはアンダーソンについて「我々の世代のあらゆる作家の父親である」といった発言をしています。アンダーソンの影響を受けた作家としては、フォークナーのほかに、アーネスト・ヘミングウェイ、ジョン・スタインベック、レイモンド・カーヴァーなどが挙げられます。

『ワインズバーグ・オハイオ』(Winesburg, Ohio)は、オハイオ州のワインズバーグという架空の町を舞台にした22編の短編からなります。それぞれは独立した短編作品ですが、登場人物が他の物語に再登場する相互リンクの要素があり、多くの作品に登場する青年、ジョージ・ウィラードが作品集全体の主人公格です。

History

  • 2018/04/27

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/07/02

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、432日目での達成!

  • 2019/07/03

    "いいね!"が20人を超える
    公開後、433日目での達成!