File

革靴の
世界

靴のなかでも革靴はある種、別格的な存在感を醸し出しています。足を守るという道具の側面だけにフォーカスすれば、もっと優れたモノもあるはずです。それでも私は革靴を身につけたい。「ホテルマンは靴を見る」という話云々でもなく、身につけたときの充実感、そして相棒感をもたらしてくれる特別なもの。選びとりたくなる不思議な力を感じます。この数年、百貨店にはかっては垂涎の的であった高級革靴が並ぶようになり、革靴との出合いがより身近になりました。ただ、一部の革靴ファンの間でのやや難しい趣味になっていると感じるのも事実。こうした背景を受けてミューゼオスクエアではあらためて革靴本来の魅力を探るべく、革靴とは一体どんなものであるのか革靴の基本」に立ち返りたいと思います。これから革靴を知ることになる読者の方が、気負うことなく革靴の世界に足を踏み入れるキッカケとなれば、そして、かつて革靴を楽しんだ大人たちの眠っている好奇心を刺激できれば幸いです。

※この「革靴の基本」で扱う革靴とは、ビジネスやパーティーシーンにも対応できる紳士靴を対象にしています。
ミューゼオ・スクエア編集長 成松淳

特集「革靴の世界」で登場する革靴たち

  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File

対談:革靴愛好家たちの革靴遍歴を公開。僕たちが愛した革靴たち。

今回は、ファッション業界でもかなりの靴好きとして知られる、ジャーナリストの飯野高広さん、倉野路凡さんに靴談義を繰り広げてもらいました。靴を肴に何時間でも語り合えてしまうというお二人、話題は初めて買った1足から始まり、購入時のマイルール、こだわりの磨き方など話は尽きず(笑)。登場する革靴もチャーチ、ジョン・ロブ、ジョンストン&マーフィーにリーガルのブリティッシュコレクションなど。これを読めば80年代ごろからの革靴の系譜が分かっちゃいます! 

革靴のデザイン、製法。基本をまず知ろう。  

靴のことを段階を追って知りたいならば、まず靴にどんなバリエーションがあるかを知るのが良いだろう。ストレートチップ、モンクストラップ、Uチップなど靴の顔ともいえる形の違いや、グッドイヤーウェルテッド製法、マッケイ製法など履き心地にも変化がともなう製法の違いを紹介しよう。

ブランドによってもさまざま。革靴の個性を知る。

エドワードグリーン、チャーチ、ジョンロブ……。靴を作り世に送り出す職人や、ブランドコンセプトによっても大きく印象も履き心地も違ってくるもの。自分好みの一足を見つける一つの指標にもなるブランドの個性を探っていこう。

革靴の味わいを左右する。革素材について研究する。

料理は素材が命というように、靴でも同じことがいえるだろう。牛革、豚革、ワニ革など、どんな工程を経て革となり、それぞれの特性は何なのか。素材を知ることで革靴の世界がより興味深いものに感じられるだろう。ここでは靴への使用頻度の高い牛革をメインにその素材を探求していこう。

運命の一足を見つけるために、知っておきたい革靴購入のコツ。

自分の好みや足に合う革靴を見つけたい! 購入で失敗したくない! 過去の名品を手に入れたい! 革靴の購入を検討している人に知ってほしい、フィッティングのコツや、ミューゼオお勧めの入手方法やお店を紹介しよう。

美しさ際立つ、愛着深まる。色から広がる革靴への好奇心。 

デザインや製法に加え、絶妙なカラーも欠かせない革靴の個性。ブランド独自のネーミングが存在するものや、マエストロによって染められたものなど美しい革靴の色の世界を探求したい。

美しい革靴が生まれる場所。靴職人、アルティザンを訪ねて。

作り手によって全く違った個性をともなうビスポークシューズ。革靴職人たちの細部にまで魂のこもった手仕事、こだわりを現場からお伝えする。

10年先もずっと愛用するために。革靴の上級者のメンテナンス法をご紹介。

せっかく革靴を手に入れたならば、長年連れ添える存在として付き合っていきたいもの。著名な靴磨き職人が独自に開発した靴磨きのためのスペシャルアイテムや、プロに教わるお手入れのポイントなど。大切に履き続けるためのケア方法やお勧めのグッズを紹介しよう。

Muuseoオススメ ヴィンテージシューズが購入できるShopリスト

  • File

    SUPER8SHOES(スーパーエイトシューズ)

    東京都渋谷区千駄ヶ谷3-22-5-B1F

    中古革靴通販専門店。アイテムの写真点数が多く、画質もクリア。サイト上で実際の靴の状態をしっかりとチェックできる。アメリカヴィンテージシューズをメインに、FLORSHEIM、Allen Edmonds、ALDENなどのブランドや既に存在していない40~90年代のメーカーのデッドストックも多数揃える。修繕のセット価格もあり、自分好みのリペアも出来るのが魅力。日本ではまだ流通していないリペアパーツも取り揃えていて、カスタムが出来る数少ないお店の一つ。

  • File

    SAFARI(サファリ)1号店

    東京都杉並区高円寺南3-57-4ベルシャトウ高円寺1F

    中古革靴だけでなく、ヴィンテージ服の取り扱いも豊富なため、全身コーディネートを楽しむことが出来るお店。1920年代~1970年代頃までのLEVI’S、WRAMGLER、 LEE 、CHAMPION などのビンテージアイテムが多く、その中でも特に希少なアイテムを取り揃えている。気になる商品には、気軽に問い合わせも出来るので納得の行くお買い物ができる。
    ★SAFARI3号店(高円寺)では現行品の中古紳士革靴を豊富に揃えている。こちらも要チェック!

  • File

    古着屋ガレージセール

    千葉県船橋市前原西2-7-11 三真ビル A-1F

    津田沼に直売店があるガレージセール。アメリカから輸入した1960年代以降の中古革靴を中心に、FLORSHEIM、Allen Edmonds、Johnston & Murphyなどの商品が豊富に取り揃えられている。目利きの店長と相談しながらゆっくり靴を選ぶことができるので、初めて中古の革靴を買う方におすすめ。ちなみに中古革靴を選ぶ㊙︎ノウハウは記事にもまとめられ購読も可能。

  • File

    SHOESAHOLIC(シューホリック)

    新中古品、または新品に近い状態の革靴を多く取り揃える中古革靴専門店。直売店はなく通販専門だが、サイトの見やすさは格別。生産国やブランドで分かれているため、気になるアイテムの検索もスムーズ。迅速で丁寧な対応が評判で、電話対応も可能。初めてでも安心して購入すことができる。また、販売だけでなく買取も行っており、高級靴専門のため査定額も高い。

  • File

    studio.CBR

    〒168-0064 東京都杉並区永福2丁目50−21 / 1階北側

    井の頭線の永福町駅に、革靴好きがこっそり通うお店がある。
    中古の革靴を販売している「studio.CBR」は、オールデン、クロケット&ジョーンズ、パラブーツなどを中心に、幅広いブランド、靴のサイズを揃えている。
    特徴的なのが、お店のコンセプトである「対話型の靴選び」。コンパクトな店内では、カウンター越しにスタッフの方と会話をしながら靴を選んで行くのが面白い。
    「革靴に興味がある人と会話するのが好きなんです。もっと広いお店にすることも考えたけど、そうするとスタッフとの距離が出来てしまう。これぐらいの大きさと距離感が一番いい。」
    そう語る店長の中川崇司さんは、大手百貨店のアパレルでキャリアを積んだこともあり、店内の革靴のディスプレイにもかなり気を使っているのが分かる。

    studio.CBRは積極的にInstagram(@studio.cbr)で情報を発信している。今、欲しい革靴、気になる革靴がある人は、こまめにチェックするといい。中古靴ならではの掘り出し価格で見つかることもある。
    ひょっとしたら今週末は、あなたも永福町に足を運んでいるかもしれない。

Muuseoオススメ 革靴書籍と雑誌リスト

  • 514ydjjib9l

    紳士靴を嗜む はじめの一歩から極めるまで

    朝日新聞出版 2010年

    タイトル通り、初心者から上級者までを網羅する究極の革靴経典。

    革靴特集でも監修を担当した、服飾ジャーナリスト・飯野高広氏の著書。足や靴の構造、靴の形、サイズや購入のポイント、トラブル時のケアなどなど、革靴を嗜むために必要な項目を広範囲にカバー。初心者はこの書籍で革靴の基礎を知り、上級者はより永く愛用するための心得を知ることができる。飯野氏自身の靴研究の成果と革靴愛が凝縮された一冊。

  • 41kzbnfkkxl

    靴磨きの本

    亜紀書房 2016年

    靴磨き界の立役者が伝える、10年先も革靴を楽しむための靴磨き。

    靴磨き職人の地位を底上げしたい。靴磨きのイメージすらも革命したブリフトアッシュの長谷川裕也氏。彼が長年かけて確立した靴磨きを始めて磨く初心者にもわかりやすく解説。上級者向けには磨きのアレンジテクニックを紹介している。また、著者が顧客とのやり取りの中で発見した、初心者が疑問に思うポイントをQ&A形式でわかりやすくまとめている。

  • 51tcgvgctkl

    最高級靴読本―世界の高級靴品番付き全カタログ560足 (Vol.2) (ビッグマンスペシャル)

    世界文化社 2004-05

    日本を代表する靴職人・山口千尋による名靴品評に読み応えあり!

    ジョン・ロブ、エドワード・グリーン、オールデン、ベルルッティ、……。世に名をはせる海外の一流ブランド、そして国内ブランド靴たち。一体どのブランドが凄いのか、そして買うに値するのか。革靴を知り尽くした日本を代表する靴職人(ギルドオブクラフツ)・山口氏が鋭い目線で各ブランドの靴を分析。革の素材、作り、対価格についてもとことん切り込んでいる。

  • 51f4qkfohgl

    男の靴雑誌。LAST(ラスト) vol.3

    エスクァイアマガジンジャパン 2004

    美麗な革靴写真で魅せる。棚に飾っておきたい写真集ような一冊。

    革靴に特化した専門雑誌「LAST」。その最大の特徴は何と言っても眺めていても楽しめる美しい革靴写真だろう。vol3では各業界の革靴好きが自身のお気に入りの革靴たちを紹介。十人十色に育て上げられた革靴たちから、いかに革靴ライフを楽しんでいるかが垣間見える。後半で掲載されているエドワード・グリーンのファクトリー訪問も見応えあり。

  • 41952p2sytl

    紳士靴図鑑―ベスト50ブランド (コロナ・ブックス)

    平凡社 2003-04

    この一冊でおさえるべき紳士革靴ブランドが早わかり。

    これから革靴ライフを始めると言う方にオススメの一冊。国内外の厳選されたブランド50選を写真とテキストでわかりやすく紹介している。ブランドについての歴史やフィロソフィーについてコンパクトにまとめられているので、ブランドについてサクッと一通り知っておきたい場合には、この一冊を読めば網羅することができるだろう。

Muuseoオススメ 革靴メンテナンスをお願いできるShopリスト

  • File

    BRASS

    東京都世田谷区代田5-8-12

    井の頭線 新代田駅から徒歩5分、下北沢駅から徒歩10分のところにあるBRASS。ブーツのリペアやカスタムをはじめ、オリジナルブランド「CLINCH」の製作・販売もしている。革靴が「一生もの」として付き合っていけるよう、リペアに関してはオールソール交換からアッパー縫いまでの全工程に対応。
    ヴィンテージシューズなどでも柔軟に対応してくれる為、直すか迷っている方は一度、足を運んでみてはどうだろうか。
    BRASSによる革靴のお手入れ記事はこちらの記事をチェック

  • File

    Shoes Box

    世田谷区尾山台3-22-4 マンヤスビル1F

    尾山台にある「Shoes Box」。店員の山梨さんは靴修理職人として合計で10年以上のキャリアを持ち、難しい修理でも時間をかけて丁寧にやりきることを大切にしている。難易度の高い修理を依頼されることも多く、その技術は確かである。しかし、本音は”お客様自身で日々のケアをするのが一番経済的で良い”のだそう。靴とお客様の事お客様からリクエストがあれば日々のケア方法も店頭でレクチャーも行っている。

  • File

    The Garage 中目黒

    東京都目黒区中目黒3-1-4 山の手コーポ102

    お客様のために全力、事実はしっかりと伝える「The Garage 中目黒」。「靴の修理結果に対して過度の期待をもたせない。最悪なケースを事前に伝えておく」と、しっかりとしたスタンスがあるからこそお客さんからの信頼も厚い。修理用の機材が豊富に揃っており、パーツも一部イギリスから取り寄せるなど修理に対するこだわりに一切抜かりはない。店内は白の壁一面で天井が高いので開放感があり、女性の方も安心できる空間で客様を迎え入れる。

  • File

    SHOE REPAIR STANDARD

    東京都目黒区八雲1-8-5 三和荘1F

    10年以上の靴職人としてキャリアのある後藤さんが始めた「STANDARD」。店名には、街に馴染んだ定番の靴修理のお店にしたいという願いが込められている。お店で一番大切にしていることは、”必ず値段以上の事をして、靴を返す”。お客様に修理した靴を返す時に、”満足”をしてもらうためにお客様が気付いてくれなくても、丁寧な仕事をやり続ける。細やかな心配りと職人技にあなたも”満足”すること間違いなしです。

  • File

    OLD HAT

    大阪市中央区南船場4-9-6 順慶町アーバンライフ101

    心斎橋駅から徒歩6分ほどの場所にある靴修理屋「OLD HAT」。お店にある修理のパーツを実際に手で触ってもらい、お客様自身がイメージを作りやすいように心がけている。また、OLD HATではお客様が希望する靴を対話形式で一緒に作ることが出来る。”大事な靴を、長く使っていけるようにお手伝いさせて頂きたい””そんな思いを語る店長さん。関西で修理して欲しい大切な靴がある方は高井さんに相談してみてはいかがでしょうか。

Special Thanks
  • 監修者
    3f4022ba61b33ccaf8d8aa778a125922
    飯野高広

    ファッションジャーナリスト。大手鉄鋼メーカーで11年勤務した後、2002年に独立。紳士ファッション全般に詳しいが、靴への深い造詣と情熱が2015年民放テレビの番組でフィーチャーされ注目される。趣味は他に万年筆などの筆記具の書き味やデザインを比較分類すること。 著書に『紳士靴を嗜む はじめの一歩から極めるまで』(朝日新聞出版)、『紳士服を嗜む 身体と心に合う一着を選ぶ』(朝日新聞出版)がある。

合わせて読みたい。「革靴の世界」に関連する記事