バス芯とは?

テーラーによってもさまざまだが、一般的に多く見られるのがベースとなる台芯の上に、肩バス芯、胸増芯、フェルトを据えて芯を作ることが多い。バス芯は本バス芯とも言われ、前肩から脇、胸付近にボリュームを出す効果があり、素材には馬の尾の毛を使っている。横糸に馬の毛を入れているため、反発力が高いのだ。片バス芯と胸増芯にバス芯を使うことが多い。

用語「バス芯」が登場する記事