みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

1

File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • PLAY

【トミカプレミアム】 Lamborghini Countach LP500S (Red)

タカラトミーモール専売モデル。

商品名や商品解説にはウォルター・ウルフとの関係は一切記されていませんが、この外装を纏ったカウンタックはウルフ1号車、ウフル2号車、そして(リヤウィングは未装着ですが)シルベラ・カウンタックの計3台のみで、その中で赤色の車体はウルフ1号車のみなので、このミニカーのモデルとなったのは紛れもなくウォルター・ウルフ・カウンタックですね。

アンサ・タイプ1マフラーとナンバープレートを製作、ラリーレーシングステッカーを貼り、リアウィング裏面とホイールを塗装して、スーパーカーブーム当時のウルフ・カウンタックの姿を再現しました。

この赤いカウンタックの実車はウォルター・ウルフ1号車として知られ、5Lエンジンを搭載していたとされてますが、実は1号車はLP400をベースにしてエンジンはそのままに、ウルフ氏向けのプレゼン用として主に空力を改良(開発費用はウルフ氏負担)したモデルで、これを受けてすぐさまウルフ氏は、既に開発が進んでいた4.7Lエンジンを搭載する2号車を発注したそうです。つまり1号車には後にも先にもノーマルの4Lエンジンしか載せられてません。
その後、のちのLP400Sの原型となる濃紺色の3号車を製作した際にエンジンは2号車から移植され、更に4.9Lへとアップデートされました。

  • File
    2019/5/25

    シバスチャン

    ビフォー・アフター

    File
    返信する
  • File
    2019/9/2

    シバスチャン

    ウルフ氏が最初に購入したカウンタックは白いLP400で、ルーフにはイオタSVRと同形状のウィングが装着されてます。
    言うなれば、これが本当のウルフ1号車なのかも。
    で、このLP400の性能に不満だったことが、ウルフカウンタック1号車の製作のに繋がるのでした。

    File
    返信する

History

  • 2019/05/25

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/09/02

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、101日目での達成!

  • 2019/09/02

    "いいね!"が20人を超える
    公開後、101日目での達成!