みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File
  • File
  • File
  • File
  • PLAY

【ロンポス スペースプラネット200(LONPOS CRAZY COLLECT)】

50面体が5つ繋がったパズルピースを、平面上に敷き詰める2Dパズルと、立体的に三角錐に積み上げる3Dパズルが楽しめる【ロンポス スペースプラネット200】のご紹介です。
先に紹介済みの【ロンポス101<https://muuseo.com/sarura_004/items/69>】のピースとは異なり、7つのピースはゴツゴツした触感の50面体が5つ繋がった形状をしています。
ルールは【ロンポス101】と同様に、問題の初期配置を行なった後、空いたスペースに残りのピースをはめ込んで、六角状の平面、もしくは各辺が5つで構成された三角錐の完成を目指します。
こちらもタイトル通り、200問(2D:86問、3D:114問)が用意されています。

これまた館主は来る日も来る日も猿のように挑み続け、200問はコンプリート! です。
3枚目が最終問題の完成形になります。

時間を忘れて没頭できる、中毒性のあるパズルゲームです。シリーズとしておススメ。です。

#パズル
#パズルゲーム
#ロンポス

【ロンポス101(LONPOS101)】
3~5個の球がつながった12種類のピースを、5×11の長方形に収める2Dパズルと、底辺が5個の球からなる5段のピラミッドに組み上げる3Dパズルの2通り、計101問の問題がおさめられた【ロンポス101】のご紹介です。 IQ28~154までの、容易なレベル1から相当困難なレベル6までの問題が出題されます。 問題では、いくつかのピースが、『2Dなら5×11の長方形に収められた状態』、『3Dなら最低層の5×5から最上層の1個までの5層に収められた状態』で図示されています。 まずは、その通りにピースを収めた状態でパズルスタート。残りのピースを空いたスペースに埋めていく、『空間埋め』のパズルです。 レベル1では、11個のピースが収められていて、残りは1ピースなので、何だかバカにされてるような気がしますが(笑)、当然、難易度が高くなるにつれて残されるピースも増え、その空いた空間も絶妙なスペースとなってきます。球の1個だけはみ出てしまうケースなど、何とも言えぬもどかしさに襲われます。 館主はこのパズルに猿のようにハマってしまい、結局101問は完全制覇できました。 3枚目の写真は、最後のチャレンジ問題の3Dパズルをクリア! したときのものです。 この他にも、ピースの形状等は同じで、問題数が増えた【ロンポス505】や、ピースの形状や収める形が違う【ロンポス・スペースプラネット200】、最高難易度の【ロンポス404,84Tピラミッド】などのシリーズ作品が出版されています。 館主が持っているものは、随時展示していきたいと思います。 時間を忘れて没頭できて、問題が解けた瞬間の何とも言えぬ解放感・達成感が味わえる好パズルです。 #パズル #パズルゲーム #ロンポス
https://muuseo.com/sarura_004/items/69

History

  • 2018/12/20

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/01/21

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、33日目での達成!