新規会員の登録(無料)
ログイン
ミューゼオとは? よくある質問

みんなのコレクションが集まるミュージアム

Bg 02
File
File
File
File
File
File
File
File
File

Museum of ryomoexpress250

Since 2017 May

トミカ、バスコレ、鉄道コレクション(鉄コレ)、Nゲージを中心に展開しています。 ごゆっくりとお楽しみください。

ミュージアム・オーナー
File

りょうもう10号

入館者数19351人

アイテム展示数805個

Museum Owner

File

りょうもう10号

乗り物大好きな38歳です。小さい頃からトミカが好きで、何台も買ってもらったことが良い思い出です。 今の所、運転免許は持っていません。 その他にも鉄道が好きで、時間があれば撮り鉄をしたり、乗り鉄をしたりします。 鉄道模型(Nゲージ)は高いですが、欲しい車両があれば購入しています。特に東武鉄道やJR北海道で活躍する車両が好きです。 このミュージアムでもたくさんのマイ・コレクションを逐一アップしていきますので、よろしくお願いします。

Owner's Diary

File

りょうもう10号さんのモノ日記「 〜似て非なる初回特...」にコメントがつきました

2017/8/16

〜似て非なる初回特別仕様〜

私は毎月、新車トミカが発売されるのが楽しみで購入しているが、その度に初回特別仕様の購入を逃してしまう。
だが、今回は幸運にも初回特別仕様を購入する事が出来たのだ。

さて、初回特別仕様は一体通常品とどう違うのか検証してみた。

昨日より発売された27-11 日産NV200タクシーで見てみよう。
通常品はアメリカ・ニューヨーク市で運行されている車両なので、当然左ハンドルになっている。
リア面は二分割されており、実車では開閉は観音式となっている。※トミカとしてのギミックは後部左ドア開閉のみとなっている。
初回特別仕様は日本各地で活躍しているタクシー車両をモデルにしている。運転席は右ハンドルとなっている。
リア面は上下にあげるリアゲート方式になっている。

こうして見ると、通常品と初回特別仕様の違いが多く点在してあり楽しむ事が出来る。中にはカラーの違いのみだったが、スタイルの違いとなると、初回特別仕様がどれだけの希少価値を為すかだ。 #入手 #入手 #新発売

  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
    2017/8/15

    nocturnalclan

    はじめまして、トミカの初回特別は最近特に入手困難に成りましたね、以前は色違いレベルだった物が金型から違う物が現れ土曜日休みじゃない私は最早お手上げ❗️
    ……ところが、先日、このモデルの初回を本屋で見つけ奇跡の納車 これからは本屋も狩場か………(*´ω`*)

    返信する
    • File
      2017/8/16

      りょうもう10号

      初めまして。初回特別仕様は発売当日にほとんどの店舗で売り切れてしまいます。
      最近の本屋にはトミカが扱われているんですね。驚きです。

      返信する

Floor Map

  • 24F

    「北海道の鉄道模型(Nゲージ:1/150スケール)」コレクション

    File
  • 23F

    「東武の鉄道模型(Nゲージ:1/150スケール)」コレクション

    File
  • 22F

    「全国バスコレ 1/80 SCALE」コレクション

    File
  • 21F

    「全国バスコレクション(1/150編)」コレクション

    File
  • 20F

    「THE BUS COLLECTION (事業者特注) 1/80スケール」コレクション

    File
  • 19F

    「THE BUS COLLECTION (事業者特注)1/150スケール」コレクション

    File
  • 18F

    「THE BUS COLLECTION (特別企画品)」コレクション

    File
  • 17F

    「バスコレ80(ハチマル)」コレクション

    File
  • 16F

    「THE BUS COLLECTION」コレクション

    File
  • 15F

    「TOMICA LIMITED VINTAGE NEO」コレクション

    File
  • 14F

    「TOMICA LIMITED VINTAGE」コレクション

    File
  • 13F

    「トミカ PREMIUM 絶版車種」コレクション

    File
  • 12F

    「トミカ PREMIUM 現行車種」コレクション

    File
  • 11F

    「TOMICA Sales for Overseas」コレクション

    File
  • 10F

    「スペシャルなトミカたち」コレクション

    File
  • 9F

    「トミカ ギフトセット」コレクション

    File
  • 8F

    「トミカ 外国車シリーズ」コレクション

    File
  • 7F

    「トミカ 国産車シリーズ」コレクション

    File
  • 6F

    「Dream TOMICA」コレクション

    File
  • 5F

    「トミカ(No.121〜No.140) 絶版車種」コレクション

    File
  • 4F

    「トミカ(No.121〜No.140) 現行車種」コレクション

    File
  • 3F

    「トミカ (No.1〜No.120) 絶版車種」コレクション

    File
  • 2F

    「トミカ (No.1〜No.120) 現行車種」コレクション

    File
  • 1F

    Reception

    File

2Fトミカ (No.1〜No.120) 現行車種

File

1970年6月30日、彗星の如く誕生した、国産ミニカー「トミカ」。 当時、「走るミニカー トミカ スーパースピード」という斬新なキャッチフレーズで6台が登場しました。当時は180円。その後、車種は増え、外国車シリーズ、ロングトミカ、トミカダンディなど様々なシリーズが登場しました。 同じ大きさのパッケージに収めるため、スケールは一つ一つ違いますが、ドアの開閉や、ピアノ線を採用したシャフトで、当時の男の子たちの心を虜にしました。 トミカは「子供のためのおもちゃ」と思われがちでしたが、近年、ネットが普及し懐かしさの余りオークションで高値で落札されたり、中古のミニカーショップでは、実車が買えるほどの値段のトミカが発売されたりと、今となっては子供のためだけではなく、多くのマニアに親しまれています。 生産の拠点は日本から中国、そしてベトナムへ。近年の亜鉛合金(ダイキャスト)の価格が高騰し、企業努力では難しいという事で、2014年(平成26年)2月1日には450円に値上げしました。 それでも、世界中でトミカが親しまれるなんて誰も想像がつかなかった事でしょう。 ここでは、レギュラーサイズ(No.1〜No.120)で現在発売されているものを紹介します。 毎月第3土曜日は「トミカの日」なので、随時入れ替えます。

Loading

3Fトミカ (No.1〜No.120) 絶版車種

File

過去に販売され、新車種と入れ替えとともに絶版されたトミカを紹介します。

Loading

4Fトミカ(No.121〜No.140) 現行車種

File

ここでは、ロングサイズのトミカを紹介します。 自動車はもちろんのこと、車体が細長いため、鉄道車両や船舶などがあり、多彩な車両が揃っています。

Loading

5Fトミカ(No.121〜No.140) 絶版車種

File

過去に販売され、新車種と入れ替えとともに絶版されたトミカを紹介します。

Loading

6FDream TOMICA

File

「トミカが夢のコラボレーション」 あの人気キャラクターが、トミカになって登場! ユニークな車種が勢揃いです!

Loading

7Fトミカ 国産車シリーズ

File

トミカの原点ともいうべき黒いパッケージ(=黒箱) 小さい時にこの箱を見たという人は多いはず。 現在の赤いパッケージに切り替わったのは1985年です。 ここでは、赤箱で発売された車両とは別に、黒箱で発売された車両をご紹介します。

Loading

8Fトミカ 外国車シリーズ

File

懐かしい「F」で始まる外国車シリーズ。青箱と呼ばれ、様々な世代で人気がありました。

Loading

9Fトミカ ギフトセット

File

通常品とは違い、色んなバリエーションで構成されているトミカのギフトセット。 中には、道路標識や、ビニール製の道路が入ってたりとますます、トミカの世界へ誘われるセットです。

Loading

10Fスペシャルなトミカたち

File

普段、特定の場所でしか手に入らない、若しくは海外向けのトミカを紹介します。

Loading

11FTOMICA Sales for Overseas

File

海外で販売されているトミカです。 国ごとにいろんな車両がリリースされています。

Loading

12Fトミカ PREMIUM 現行車種

File

2015年4月に登場した、新しいトミカシリーズ。 かつてのトミカリミテッド(2001年発売)を継承するかのようですが、大きく異なる点は、タイヤがプラスチック製なのと、PREMIUM独特の金型を使用している事、それから絶版による入れ替えがある事です。

Loading

13Fトミカ PREMIUM 絶版車種

File

かつて、発売されたトミカPREMIUMです。新車種の入れ替えにより絶版されたアイテムです。

Loading

14FTOMICA LIMITED VINTAGE

File

「もし、昭和30年代にトミカが誕生していたら…」というキャッチフレーズで2005年に登場した、トミカリミテッドヴィンテージ。 2001年に発売されたトミカリミテッド(現在は生産中止)との差別化を図り、これまでのトミカのノウハウが生かされた商品を輩出されてきました。 発売当初は、トミー(現・タカラトミー)により発売されていましたが、2006年頃より子会社のトミーテックへ移管されました。 移管後は、リアリティーに力を入れているためか、1台当たりの値段が2200円程からで、レギュラートミカ同様、乗用車のみならず、商用車も発売されています。 対象年齢が15歳以上となっているため、「大人のトミカ」という位置付けとなっております。 スケールは1/64に統一されております。

Loading

15FTOMICA LIMITED VINTAGE NEO

File

ようこそ、トミカリミテッドヴィンテージ・ネオの世界へー ここでは、1970年以降発売された車種で、基本的に過去にトミカで発売されなかった車種をトミカリミテッドヴィンテージ・ネオで商品化されたものです。 一部、例外もあります。 スケールはトミカリミテッドヴィンテージ同様、1/64に統一されております。

Loading

16FTHE BUS COLLECTION

File

2003年に登場したシリーズで、開けるまでどんな車両が入っているか楽しみです。

Loading

17Fバスコレ80(ハチマル)

File

2003年に発売されたTHE バスコレクション(9mm; 1/150スケール)で発売され、売れ行きが好調だったのか、1/80スケール(16.5mm)のバスコレも発売されました。こちらは前輪のステアリングが可動します。 運転席、客席共に細かく作られていました。種類は少ないですが、どうぞごゆっくりご覧ください。

Loading

19FTHE BUS COLLECTION (事業者特注)1/150スケール

File

市販化されてない、そこでしか手に入らないバスコレを紹介してゆきます。

Loading

20FTHE BUS COLLECTION (事業者特注) 1/80スケール

File

バスコレ80の事業者特注を紹介します。

Loading

21F全国バスコレクション(1/150編)

File

2003年にブラインド方式のTHE バスコレクションが発売され、10年目の節目にあたる2013年に新たなプロジェクトが動き出しました。 その名も「全国のバスコレをモデル化せよ ジオコレ10年目の挑戦」をコンセプトに発売された『全国バスコレクション』。 ブラインド方式のシリーズとは違った一目が置かれる車両ばかりです。

Loading

22F全国バスコレ 1/80 SCALE

File

全国バスコレの1/80スケール(HOゲージ : 16.5mm)です。 主にいすゞエルガミオと日野レインボーの中型バスを展示してあります。

Loading

23F東武の鉄道模型(Nゲージ:1/150スケール)

File

私が所有している東武鉄道で活躍する(あるいはしていた)鉄道模型、鉄道コレクションを紹介します。

Loading

24F北海道の鉄道模型(Nゲージ:1/150スケール)

File

北海道で活躍した国鉄車両、現役で活躍しているJR北海道の車両をメインに展示してあります。

Loading

Thank you !!
Museum of りょうもう10号 はいかがでしたか?
良かったら感想を書いてみましょう。

みんなの感想