みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • PLAY

アオシマ ロボコップオート9

SFアクション映画「ロボコップ3」の劇場公開を翌年に控えた1992年に青島文化教材社(以下アオシマ)から販売された対象年齢18歳以上用の固定スライドガスガン。
商品のシリーズ名は「1/1スケールガスガン」 販売価格はアオシマのトイガンでは高めの7800円。装弾数17発。アオシマで唯一のガスガンと思われる貴重なコレクターズアイテムだ。
本銃は1992年の静岡ホビーショーにて展示された。この時期は既に他社からもオート9のガスガンのモデルアップが盛んに行われており、それだけこの映画に対する期待値が高かった事が伺い知れる。

本銃はサンエイが販売していた「1/1サンエイガスガンシリーズ」の固定スライド式ガスガンM93Rの内部機構の改修やパーツ追加を行った物である。
サンエイM93Rからの変更点は銃本体のフォアグリップ取り付け部の排除/グリップパネル変更//大型リアサイトとスタビライザーの追加。その他インナーバレルがアルミ製から真鍮製へと変更されている。
追加パーツのスタビライザーにASGK刻印が付いている以外は刻印類に変更はなく、スライドのメーカー刻印は「SAN-EI」のままとなっている。
インナーバレルを真鍮製にしたことで重量が増加しトリガープルが重くなっており、バレル自体の全長も伸びているので気密性も若干上がっているかもしれない。
輸出を前提としていたのか、本銃の説明書にはグレードアップ塗装の手引きが英文で書かれている。

アオシマがオート9のモデルアップをしたのは本銃で2回目。1回目は同社が販売していたスライドとトリガーが連動するタニオアクション式バネガン「ダブルアクションハンドガンシリーズ」の
1つだったM93Rをロボコップ1のブームに合わせてオート9へ改修した物だった。アオシマはこの頃からオートナインのモデルアップの権利を持っていたそうだ。
(ちなみにこのバネガンだが、給弾不良や弾ポロを頻発するなどトイガンとしての性能は良くない。ある方のブログによれば発売当時に購入しようとしたら店員から買わないほうが良いと止められたという)

オート9のモデルアップは非常に多く、海外ではプロップガンやサウンドガンが、日本ではアオシマ以外にもマルゼン・KSC・WA・MGCからガスガンが販売されていた他、
韓国ドンサンからスタビライザーの上部がスライドに固定されているエアコキが出ている。00年台以降は中国にてオート9風の低価格帯エアコキがちらほらと発売されている。
                  
★スタビライザーとグリップパネルの内部★
スタビライザーは外観を損なわないようにイモネジで組み合わせてあり、分解するにはテコの原理で開ける必要がある。この方法だと傷が付くので
美品で残したい人はスタビライザーは弄らない方がいい。スタビライザーの中に錘等は入っておらず延長用のABS製アウターバレルのみが入っていた。
グリップパネルには通常のグリップスクリュー4つ以外にパネル下部にパネル両面の組み合わせを強固にする為のプラスネジが追加されている。
スタビライザーとグリップパネルの裏面には組み立て作業時のパーツ位置を確認する為と思われるLとRの大文字が刻印されている。

★大型リアサイトと付属のフロンガス缶の行方に関する考察★
パッケージや説明書にハッキリと写っている大型リアサイト。オート9の特徴の一つであるが、手持ちの2丁には付いていなかった。
しかし、国内外のオークションサイトの出品画像や1992年刊行の月刊GUN8月号の掲載写真にはリアサイトが取り付けられているのが確認できる。
展示写真を見てもらえば分かると思うが、スライド上面リアサイト付近に接着剤の跡が2箇所ある。ここから考えられるのは大型リアサイトを取り付ける為の
銃本体の大幅改修を渋ったアオシマがネジを使わず接着剤でポン付けするだけに留めてしまい、それが原因で大型リアサイトが取れやすいパーツになってしまったという事。
以上は手持ち2丁のリアサイトが欠品している原因の想像であり、ひょっとしたらリアサイトはロットによっては付いていないのかもしれない。
付属のフロンガス缶に関しては所有品・オークションの出品画像ともに付属していなかった。というより、そもそもガス缶を入れるスペースが箱の中にない。
理由は不明だが発売前にガス缶を付属させるのを急遽取り止めたのかもしれない。

★おまけ★
リアサイトが付いた状態の本銃を見たい場合は

・月刊GUN 1992年8月号での特集記事
・アームズマガジン特別号 ジャパニーズトイガンヒストリー ~エアガン編~
・WorthPoint(日本で言う所のオークファンの海外版。auto9 robocop3 gun aoshimaで検索すれば終了した出品物の写真が閲覧できる)

 の上記3点だ。すぐ画像を見たい人はWorthPointを検索するといい。

海外製サウンドガンやドンサン製エアコキが気なる方は「AUTO9 SOUND GUN」「韓国のオート9」または「AUTO9 AIRSOFT」
で検索すればヒットするので見てみよう。ヒットするサイトには海外サイトが含まれているのでウイルスチェックを忘れずに。