みんなのコレクションが集まるミュージアム

甦れ、Aウイング(その2)の巻

公開日:2020/1/5

本日は楽しい塗装の仕上げ工程です。

まずは光沢クリアー(水性)で全体をコーティング、陽に当ててしっかり乾燥させます。


そして、タミヤのスミ入れブラックでパネルラインに沿って墨入れを。

さて、お次はエナメルシンナーを付けた綿棒でフキフキして行きます。

手前側が拭いたあと。

ブラックを残しつつ全体を拭いていくと、適度な汚れが良い雰囲気でSWのプロップ感が出てきました。

まだ下地が光沢なので光ってますが、あとで光沢は消しますので問題なし。


その後、デカール(※バンダイのXウイングから失敬…)をそれっぽく適当に貼りまして、、、

乾燥したら艶消しクリアーをかけまして、、、ただいま乾燥待ちです。



〜〜〜〜〜そして数時間後。


出来ました(^_^)v

完成です。


最初のこの素っ裸の状態から…

    ↓

缶スプレーとスミ入れだけで、、、

…なかなかヨイ感じに蘇りましたね。

メデタシメデタシ。



#SW

  • File
    2020/3/1

    realminiature

    今見てもやはりAウイングはシンプルで良いですね!!しかもレベルのキットを良くぞここまで!

    返信する
    • File
      2020/3/1

      T. S

      コメントありがとうございますm(__)m
      Aウイングの出会いはEP6ですから、今思えば相当昔ですね。その頃はXウイングやYウイングを見慣れた目に斬新に映りました。
      スターデストロイヤーに突っ込んだり…。
      古いキットでもお化粧次第で見られるようになりますね。スミ入れで雰囲気が出ますね。

      返信する
File

T. S

I am a collector....

フォローする

135人がフォローしています

Museum screenshot user 3383 37293769 4c0e 4b06 86a7 c94496796bba
  • 入館者数

    79993人

  • コレクション・ルーム数

    11個

  • アイテム数

    348個

  • モノ日記

    144個

ミュージアムを訪れる

T. Sさんの最新モノ日記

最近のコメント