みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

0人

Tom Russell / Folk Hotel

(2017)
2017年の2枚目となる、トム・ラッセルのアルバム。
基本的にはマーク・ラッセルと2人で演奏していて、何曲かでゲストが参加しているスタイルをとっている。
“Leaving El Paso”ではエルザ・ギルキーソンと素敵なハーモニーを奏でていて、“Harlan Clancy”ではオーギー・メイヤーズがピアノとヴォーカルで参加している。これは、このアルバムがオースティンで録音されているからだろう。
ボーナス・トラックとして収録されている“Just Like Tom Thumb's Blues”では、ジョー・イーライが参加している。好きな曲なだけに、アコーディオンをメインとした素敵なアレンジに聴き惚れてしまう。
聴いておきたいアルバムのひとつ。

《songlist》
01. Up In The Old Hotel
02. Leaving El Paso
03. I'll Never Leave These Old Horses
04. The Sparrow Of Swansea (for Dylan Thomas)
05. All On A Belfast Morning
06. Rise Again, Handsome Johnny
07. Harlan Clancy
08. The Last Time I Saw Hank
09. The Light Beyond The Coyote Fence
10. The Dram House Down In Gutter Lane
11. The Day They Dredged The Liffey / The Banks Of Montauk / The Road To Santa Fe-O
12. The Rooftops Of Copenhagen
13. Just Like Tom Thumb's Blues
14. Scars On His Ankles

コメント