みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

0人

Sting / Songs from the Labyrinth

(2006)
ドイツのグラモフォン・レコードからリリースされた、スティングの8枚目のアルバム。スティングとエディン・カラマーゾフのプロデュース。
このアルバムは、イングランドのリュート奏者のジョン・ダウランドの曲を、カラマーゾフのリュートをバックにスティングが歌っている。“Have You Seen The Bright Lily Grow”はリュート奏者のロバート・ジョンソンのカヴァーとなっている。
クラシックの名門レーベルからリリースされているだけにスティングの本気の度合いが高く、“...And From Thence I Had Great Desire To See Italy...”と“My Lord Willoughby's Welcome Home”ではスティングの演奏するアーチリュートを聴くことが出来る。
全英のアルバム・チャートで24位、全米で25位、全米のクラシック・チャートでは1位となった。
聴いておきたいアルバムのひとつ。

《songlist》
01. Walsingham
02. Can She Excuse My Wrongs?
03. "Ryght Honorable: As I Have Bin Most Bounde Unto Your Honor..."
04. Flow My Tears (Lachrimae)
05. Have You Seen The Bright Lily Grow
06. "...Then In Time Passing One Mr. Johnson Died..."
07. The Most High And Mighty Christianus The Fourth, King Of Denmark, His Galliard
08. The Lowest Trees Have Tops
09. "... And Accordinge As I Desired Ther Cam A Letter.."
10. Fine Knacks For Ladies
11. "...From Thenc I Went To Landgrave Of Hessen..."
12. Fantasy
13. Come, Heavy Sleep
14. Forlorn Hope Fancy
15. "...And From Thence I Had Great Desire To See Italy..."
16. Come Again
17. Wilt Thou Unkind Thus Reave Me
18. "...After My Departures I Caled To Mynde Our Conference..."
19. Weep You No More, Sad Fountains
20. My Lord Willoughby's Welcome Home
21. Clear Or Cloudy
22. "...Men Say That The Kinge Of Spain Is Making Great Preparation..."
23. In Darkness Let Me Dwell

コメント