File

日英博覧会

17

1910年にイギリスのロンドンで開催された日英博覧会(Japan-British Exhibition)。日本初の国際相互博覧会であり、20世紀初頭の西洋における日本に関する最大の催しとなりました。日本にとっては、日本の近代産業を同盟国かつ世界有数の経済大国であるイギリスに広く紹介し、通商の活性化を狙ったものでした。結果、国内外から約800万人以上の観客が訪れ博覧会は成功を収めました。当時の日本は米国から数年来にわたって日米博の開催を要請されていましたが、より一層の日英関係の発展を期待して、米国をさしおいて日英博覧会の開催を決定したそうです。さまざまな記念品が日英両国に残されています。