みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File
  • File
  • File
  • File
  • PLAY

AMFブラックアングル

ボウリングボールの歴史を語る中で絶対に欠かすことのできない、革命的な存在のボールです。
1982年、ボウリングボールの表面素材に初めて「ウレタン」を用いたボールが、このAMFのアングルシリーズでした。
それまでは、ハードラバーやポリエステルのボールが主体でしたが、それらのボールよりウレタン素材の方がレーンフィニッシュ(レーンのコーティング剤)との相性が良く、ボールの回転やボール自体の曲がりが革新的に良くなったのです。
また、初代アングルシリーズは3色が発売され、色により表面硬度や仕上げが変えられていました。このことにより、“レーンコンディションによって複数のボールを使い分ける”ということを確立させたものでもあります。
当時のこの革新的ボールは、今のハウスボール(ボウリング場でレンタルされるボール)と同等品でした。