みんなのコレクションが集まるミュージアム

00b

0人

『ロヴェルのお嬢さん』 (1921年、フランス、ジャン・ケム監督)

ジュヌヴィエーヴ・フェリクス主演によるホームコメディ映画。人間嫌いで郊外で姉と一緒に生活している元教師の主人公(ジョン・ウォルム)と、隣家の娘(フェリクス)の恋愛模様に焦点を当てています。

物語のテンポが悪くドラマとしては凡作。それでも1)冒頭に挿入されたジャズ演奏の場面が時代表現として興味深く、2)戸外ロケ撮影を重視し、木漏れ日など繊細な描写が成功している、ほか幾つかの見るべき点があります。

また、主人公の姉役で登場する女優さんの表情が多彩で飽きません。彼女はシャルロット・バルビエ=クラウスといって名優アンリ・クラウス氏の奥さんです。若いころはバルビエ名義で小さな舞台で活躍、デュヴィヴィエの名作映画『にんじん』(1925年版)でも意地悪な母親役を好演しています。

#9.5mm #フィルム #1920年代 #フランス

  • 00b
  • Mr01
  • Mr02
  • Mr03
  • Mr04
  • PLAY
コメント

アイテムのHistory

  • 2017/12/23

    アイテムの公開が始まる

  • 2017/12/24

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、2日目での達成!