みんなのコレクションが集まるミュージアム

Ph3

0人

フィリップ・エリア Philippe Hériat (1898 - 1971) フランス

ちょうど芥川賞が話題になっているのでタイムリーな絵葉書を一枚。サイレント映画の俳優としてデビューしながら後に作家へ転身、フランスで最も権威のある純文学賞のゴンクール賞を獲得したのがこのフィリップ・エリアでした。

俳優時代、主役を任されるほどの知名度があった訳ではありませんでした。それでも意地悪な演技をさせると光るものがあって主人公と対立するヒール役として面白い活躍を見せます。以前シモーヌ・ジュヌヴォアの投稿で紹介した『ジャンヌ・ダルクの素晴らしき人生』(1929年)では悪貴族ジルドレを演じ、いいなずけのある女性に言い寄り、王に拝謁してきたジャンヌを罠にかけようとします。ヘラヘラと悪事を重ねているのに不思議な影があるところが魅力だったかなと思います。

他の出演作にレルビエ監督作品の『エルドラドオ』(1921年)と『人でなしの女』(1924年)など。 #フランス #サイン #autograph #1920年代 #男優 #エドヴィーゲ・トニ・コレクション

コメント