みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

Œuvre de Odilon Redon

オディロン・ルドン(1840〜1916)の版画を除く作品

  • File

    W1204 La mort verte

  • File

    W1959 Barque

  • File

    W0145 Beatrice

  • File

    しおり ルドン展

  • File

    France ブッダ オディロン・ルドンによる FDCとポストカード

  • 1
    Loading

    W1204 La mort verte

    石版画「死−我が皮肉は他のすべてを超える」をもとに色彩化。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/8/7

    • 1
    • 0
  • 2
    Loading

    W1959 Barque

    ルドンの「小舟」のなかでも特に神秘的な作品。
    この作品には、数年前に亡くなったマラルメへの追悼が込められているのではないかと思う。
    同様の例に、1903年に亡くなった「ゴーギャンへのオマージュ」がある。
    マラルメはヨットS.M.号を所有し、ヴァカンスになると一人または友人と一緒にちょっとした航海を楽しんだ。ルドンも誘われて船旅をしている。ルドンの作品にしては、舟の細部(綱の取り付け具)などが具体的であり、何よりもS.M.号によく似ている。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/8/7

    • 5
    • 0
  • 3
    Loading

    W0145 Beatrice

    ルドンが生涯親しんだダンテの「神曲」のヒロイン。同じ構図でカラーリトグラフがある。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/8/7

    • 1
    • 0
  • 4
    Loading

    しおり ルドン展

    1989年に近代美術館で開催されたルドン展は、ルドンの作品に関して最大規模の展示でいまだに超える展覧会はない。
    会期中販売していたグッズのなかのしおりセット。
    『オフィーリア』と『花束』

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/9/5

    • 2
    • 0
  • 5
    Loading

    France ブッダ オディロン・ルドンによる FDCとポストカード

    2011年、この年はルドンのメモリアル・イヤーとは何の関係もないが、久々に大回顧展がプチ・パレで開催されたのに合わせての発行だった。

    『ブッダ』Le Bouddha (Wildenstein 682)は4点あるブッダを描いたうちの一つ(石版画を加えたら5点)。
    日本人から見たら、むしろ地蔵菩薩のように思える。
    前景の植物、横の木、背後の山はルドンの作品に多く登場する。

    • いいね!

    • 登録日:2021/10/10

    • 3
    • 0