» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

みんなのコレクションが集まるミュージアム

Bg 04
File
File
File
File
File
File
File
File
File

Museum of postcards from all over the world

Since 2019 June

"世界の国々から届いた様々なポストカードを紹介しています。"

ミュージアム・オーナー

File

ユキマ

入館者数2231人

アイテム展示数69個

いいね!数245個

Museum Owner

File

ユキマ

はじめまして。海外の方々とポストカードのやりとりをしています。 ここでは、今までに私がいただいたカードをカテゴリーに分けてご紹介していけたらと思います。 どうぞよろしくお願いします。

Floor Map

  • 8F

    ちょっとレアな国から届いたカードたち

    2
    File
  • 7F

    海外の切手

    6
    File
  • 6F

    大好きなロシアのポストカード

    6
    File
  • 5F

    Route 66 ―メイン・ストリート・オブ・アメリカ―

    11
    File
  • 4F

    世界の大学のポストカード

    13
    File
  • 3F

    海外のカフェやベーカリーのAD(宣伝用)カード

    9
    File
  • 2F

    'Greetings From…' card

    22
    File
  • 1F

    Ground Floor

    File

2F 'Greetings From…' card 22

File

Postalloveという会社が発行しているカード。 各国の大まかな情報が記載されていて、外国の方に自国を紹介するのに最適な方法だと思います。

Loading

3F 海外のカフェやベーカリーのAD(宣伝用)カード 9

File

ADカードというものをご存知ですか? オシャレなカフェや雑貨屋に行くと、たまに入り口にそのお店の宣伝用のカードがありますよね。海外でもそういうのがあって(寧ろ海外の方が盛んなのかも?)、私がカフェやパン屋が好きだと知った方が自国のADカードを送ってくれたりもします。 どれもオシャレだったり、楽しかったりするカードばかりです。

Loading

4F 世界の大学のポストカード 13

File

外国の方々とポストカードのやりとりを始めて驚いたのは、時々大学のカードが届くことです。 日本の大学にも売店等に置いてあるのでしょうか?  殆どが欧米の大学のカードですが、どの大学も建物が立派で、敷地も広々としてまるで公園みたいですね。

Loading

5F Route 66 ―メイン・ストリート・オブ・アメリカ― 11

File

ルート66はアメリカを東西に横断する国道です。1926年に開通しました。 1985年に廃線となるまで、この道はアメリカの人や物が行き交う大動脈でした。 起点はイリノイ州シカゴ、終点はカリフォルニア州サンタモニカ。全長3755キロです。 文学や映画、音楽等、アメリカ文化に与えた影響も大きく、廃線となった今でも人気は根強いものがあります。 観光地化している場所もあり、ルート66関連のポストカードも豊富です。 私は以前、CSの旅番組『ROUTE66~栄光と哀しみのマザーロード』を観てからこの道路に興味を持ち、いつか行ってみたいと思っています。 ポストカードも少しづつですが貯まってきました。どれもノスタルジックで素敵なカードです。

Loading

6F 大好きなロシアのポストカード 6

File

ロシアは郵趣がさかんな国です。そのせいか、素敵なポストカードや切手がとっても多い!です。 ちなみにロシアの郵便システムだけは不満です。日本からロシアにポストカードを送ると、相手に届くまでゆうに1ヶ月はかかります…。

Loading

7F 海外の切手 6

File

ポストカードをやりとりしている相手は、ポストカードだけではなく切手にもこだわりを持っている方が多いです。 綺麗な切手を貼って送ってくれますし、私も相手に送る際は極力記念切手を使うようにしています。 日本の切手は、海外の方にとても好評です。カードよりも切手の方を褒められることもしばしば…(笑) ここでは海外からの切手をご紹介します。ただ、数が膨大なのでゆっくりアップする予定です。

Loading

8F ちょっとレアな国から届いたカードたち 2

File

世界には沢山の国がありますが、郵趣がさかんな国というのはけっこう限られてきます。 ですので私に届くポストカードも、だいたいは同じ国からの事が多いのです。 今まで一番多くやりとりした国は圧倒的にドイツです。その次がアメリカ、ロシア、オランダ…と続きます。 ですが時々、「おっ!?」と思う国からカードが届くことがあります。もちろん、お馴染の国からのカードも嬉しいですが、やはり珍しい国からのカードは印象深いものがあります。

Loading

Owner's Diary

まだ、モノ日記は書かれていません

みんなの感想

Thank you !!
Museum of ユキマ はいかがでしたか?
入館の記念にコメントを残してみましょう。

オススメのミュージアム

Museum Shortcut Map