みんなのコレクションが集まるミュージアム

真っ直ぐ走れる「ミニッツバギー」に調整する方法③

公開日:6 days ago

Hello、Dr.ジョーカーです!


毎度、ありがとうございます。

【ミニッツバギー向上委員会】=【Bugg-Z研】

https://muuseo.com/4mini-RC/collection_rooms/1

4mini-RC by with-T lab.

※クリックでコレクションルームに移動

ミニッツバギー ターボ オプティマ ミッド スペシャル (ホワイト)

https://muuseo.com/4mini-RC/items/16

4mini-RC by with-T lab.

※クリックでアイテムのページに移動

ミニッツバギー ターボ オプティマ ミッド スペシャル (イエロー)

https://muuseo.com/4mini-RC/items/15

4mini-RC by with-T lab.

『いいね』や質問や励ましの

『コメント』など、大歓迎です!


~真っ直ぐ走れる「ミニッツバギー」

に調整する方法③~


今回は【足回り】アームの作動を確認

する方法です。


走行状態のまま、簡単に確認する方法は

(分解せずに)


まず、アームの作動に影響が無いよう

シャーシ底面に台を使い


アームが下がった状態でも

タイヤが着地しないように


平らな所に置きながら作業出来ると

楽です。


「ダンパーを外します」

元の取付け箇所を明確にする為


外したダンパーにマスキングテープなど

を利用して外した箇所が解るように

管理しておく事もオススメします。


ダンパーを外すと

アームは自重にて下がりきると思います。


その状態から、手でタイヤを掴み

一旦アームの稼働範囲で上へ持ち上げて


タイヤを掴んだ手を離すと

自重にて「ストン」と抵抗なく

稼働範囲の下まで


下がりきるか確認します。


それを前側の左右、後側の左右で

均等かを確認していきます。


確認のポイントは

【ガタが少なく(無く)スルスル作動】

しているかになると思います。


ダンパーが良くてもアーム自体に

著しい抵抗があったり、左右差が

発生しているようでは


ダンパーの性能を揃える意味も無い

ので、重要な部分の確認になる


と思います。


◎アームの作動に左右差がある場合

良くある原因は


アッパーアームの取付けタッピングビス

の締込み量(タッピングはミニ四駆のビス

とは異なります)


コの字型サスシャフトの

メインシャーシ側のボールジョイント

受け部分のボール浮き上がりによる

ロワアーム(ロアアーム)のロック。


※ボールがシャーシ側にしっかり

おさまっていないとガタが無くなり

ロワアーム(ロアアーム)を抑えてしまい

作動の抵抗になります


比較的に原因として少ないですが

ロワアーム(ロアアーム)の


サスシャフトが通る穴が狭くて

著しく動きが渋い事も最近ありました。

樹脂成型なので固体差が出やすい事は

あると思います。


その為、他にもアームの作動不良の

原因になる所も有ると思いますが


アームの作動に左右がある場合は


コーナーリングの挙動の左右に

直結しやすいので、とても重要な

調整になると思います。


※ダンパー調整やショックスプリング

プロポなど以前の問題になりますので…。


あっ!~追記です~


キャンバー角の調整用に、まずは

ターンバックル式アッパーアームを

追加して1/10サイズのような微調整を


ミニッツバギーでも採用される方が

多いと思います。

(普通に優先順位は上位だと思います)


しかし、ミニサイズならではの

クリアランスの問題が


(特に)フロント側に頻繁に発生してます。


キャンバー角の調整時に

バルク側やナックル側の支持部分と

アーム側の樹脂部分が干渉して


結果、正常に作動していたはずの

アームの動きが渋くなる事があります。


ターンバックルで調整した場合には

ダンパーを一旦外してアームの作動を

確認する事をオススメします。


以上


~真っ直ぐ走れる「ミニッツバギー」

に調整する方法③~でした。


~記事を最後まで読んで頂き

ありがとうございました。


『いいね』や質問や励ましの

『コメント』など、大歓迎です!


◎公開している情報や作例などが


『同じような遊び方をしてみたい』

~【と、思っていた。】~


という方々の【キッカケやヒント】

になれば幸いです。


少しずつ、掲載しようと思います。


今後も宜しくお願いします。


#ミニッツバギー

#4miniRC

  • File
    6 days ago

    4mini-RC by with-T lab.

    Hello、Dr.ジョーカーです!

    ミニッツバギーならではの

    四輪独立ダブルウィッシュボーン
    サスペンション

    の調整は複雑だと思いますが

    メリットの方が多いので

    大きいラジコンカーでは主流にも
    なっていると思います。

    基本はシリーズ内以外では一般的な
    事になりますので

    修得すると私のように応用で
    1/10サイズからのノウハウも
    ダウンスケールして流用可能に
    なったりするので

    ミニッツバギーの
    「ハードウエア」としての面白さ
    の遊び方の幅も広がると思います。

    File

    返信する
  • File
    6 days ago - 編集済み

    4mini-RC by with-T lab.

    Hello、Dr.ジョーカーです!

    【追記】で

    ターンバックル式アッパーアーム
    を装着している場合も書きました。

    ミニッツバギーの
    四輪独立ダブルウィッシュボーン
    サスペンションは

    1/10サイズでも一般的な
    ターンバックル式アッパーアームでの
    キャンバー角の微調整が可能で

    前後バランスをセッティング
    出来たりします。

    (京商オプションパーツです)

    操縦のクセやコースレイアウトによる
    ドライバーのピンポイントに車体側を
    仕上げやすいですよね。

    File

    返信する
  • File
    4 days ago

    4mini-RC by with-T lab.

    Hello、Dr.ジョーカーです!

    過去にも「ミニッツバギー」の
    ノウハウ系を【Bugg-Z研】記事として、
    ブログなどで投稿をしてきました。

    既に多くの閲覧数を頂いた記事
    を含めて、継続した検証データを

    元に3年以上鍛え上げてきた
    【ミニッツバギー】ならではの

    『楽しんでいく時』に有益な

    情報を掲載したいと思います。

    File

    返信する
File

4mini-RC by with-T lab.

【曲ドリ】(Performance RC DRIFT)を特技としています。これからも応援よろしくお願いします。「Museum Library」にノウハウ記事も掲載していますので閲覧頂けると幸いです。#4miniRC Timeline↓=更新情報

フォローする

2人がフォローしています

Museum screenshot user 13850 a11d8be3 7132 4ce6 8f57 e9c5a0afb432
  • 入館者数

    1896人

  • コレクション・ルーム数

    3個

  • アイテム数

    10個

  • モノ日記

    10個

ミュージアムを訪れる

4mini-RC by with-T lab.さんの最新モノ日記

最近のコメント