みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問
File

1/43 マクラーレン ( 5 )

ロンデニス(ウィットマーシュ)時代が終焉し その後はアメリカの起業家ザクブラウン体制の始まりを迎え、マシン表記もMP4からMCLへ変更に。インディへの参戦、ルマンへの復帰を見据えチームは新たな転換期を迎えている。

  • File

    マクラーレンホンダ MCL32 2017年 フェルナンドアロンソ

  • File

    マクラーレンホンダ MCL32 2017年"モナコGP仕様" ジェンソンバトン

  • File

    マクラーレンルノーMCL33 2018年 フェルナンドアロンソ

  • 1
    Loading

    マクラーレンホンダ MCL32 2017年 フェルナンドアロンソ

    マクラーレンホンダの挑戦は3年で幕切れを迎えました。伝統のパパイヤカラーを復活させ(少し濃い)メインスポンサーの獲得を試みましたが、結局は運営資金の大半をホンダからの支援に頼ることしかできず。アロンソの発言に良くも悪くも影響され、2018年からはホンダエンジンに代えてトロロッソから奪うカタチでルノーエンジンを搭載。
    マクラーレンルノーvsトロロッソホンダのバトルに世界中が注目することになりそうです🤨

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 3
    • 0
  • 2
    Loading

    マクラーレンホンダ MCL32 2017年"モナコGP仕様" ジェンソンバトン

    アロンソがインディ500に参戦する際に、日程がバッティングしてしまい、代打でモナコGPのみ参戦したバトン。
    残念ながら結果は追突リタイヤしてしまいましたが、モデル化されたのは貴重です。

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/23

    • 5
    • 0
  • 3
    Loading

    マクラーレンルノーMCL33 2018年 フェルナンドアロンソ

    ホンダからルノーになれば、トップチームに返り咲ける...
    そう豪語して望んだシーズンでしたが、結果シャシー側の問題が露呈することになり(MCL32のシャシーはトップクラスだと言い張り続けてますが🥴)ブーリエの更迭から始まり、終盤には組織を大きく改革せざるを得ない状況だと認めることに。ロンデニス体制は、良く言えば完璧な統率、悪く言えば独裁。メカニック上がりのデニスに対して誰も口出しすることは出来ずにマクラーレン帝国は作り上げられてきたのです。
    この年を持ってF1引退を決めたアロンソは、前年あたりから急遽3大レース制覇を公言し出し、政治的にマクラーレングループのチカラを借りた方が良いと気付いたのか、最期までマクラーレンを非難することなく、ホンダファンからは憎まれつつ引退しました。
    しかしながら、トヨタでのルマン制覇などで日本でも人気はあり、引退レースでのイベント事を見ても人気と実力は絶大であります。
    トップチームからのオファーなら復帰すると未練タラタラな発言をしていることから、いろんな意味で残念な結果に終わってしまったアロンソ様でした。

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/23

    • 6
    • 0